自己分析とは過去の自分を振り返り自分の得意不得意を知ること

転職活動に必要な自己分析で自分にマッチした仕事を見つける 転職活動において自己分析を取り入れることによって、自分に適した仕事を見つけやすくなります。 自己分析のやり方は色々なものがありますが、転職活動をする時に自分に合う仕事を探すやり方があります。 業種ごとの適正をグラフで表示される自己分析法では、芸術関係に特化している人は服飾や執筆などの仕事が適しています。 芸術的の対極

続きを読む

転職者のための説得力のある志望理由の書き方

転職活動において志望理由は大事な判断基準になります。 転職は新卒と違い前の会社をやめて、その会社に行きたいということなので、志望理由になぜ前の会社ではなく、この会社を選んだかということを面接官に納得させないと評価が下がってしまいます。 まず、ダメな例として説得力がない志望動機を解説します。 不採用になるありきたりな志望理由 よくあるダメな志望動機の1つめは曖昧であること

続きを読む

自己分析の目的とは?有利な転職者になるために

転職に成功するには、正しい自己分析が重要と言われます。 自分のスキルや長所、売り込めるネタをどれだけ見つけられ、どれだけ伝えられるかで、有利な転職者になるかどうかが決まります。 たくさん応募をして、たくさん面接を受ければ良い転職ができるというものではありません。 方法さえ間違わなければ、たった1度の応募で希望通りの条件で内定をもらうことも可能です。 急がば回れという

続きを読む

必読!転職マニュアル

転職したいと思っている人は多く、今や大学新卒社員の3人に1人は3年以内の転職しているというデータが出ています。 キャリアアップのため、今の仕事にやりがいを感じない、もっと自分に合った仕事があるはず、職場環境が悪い、などなど理由は様々ですが、今の仕事や現職場へのモチベーションが下がり、環境を変えたいという気持ちは共通しています。 では、実際に転職活動を行うにはどうすればよいのでしょう

続きを読む

転職を考える前にはしっかり自己分析をしましょう

転職を行う事は今では全く珍しいことではありません。 逆に今の日本社会においてもスキルアップを考えた場合、またはキャリアアップを考えた場合に必要なステップだと考えることもできます。 しかし、これはあくまでしっかりした考え方や信念に基づく転職の場合を指すわけです。 単に今の仕事が嫌だからとか、あきたからと言う事では間違いなくうまくいきません。 では、転職を考える際に

続きを読む

転職前になぜ会社を辞めたいのかを再整理すべきです

近年では、大卒の30%が3年以内に転職を経験するほどで、ある意味転職する事に多くの人が抵抗を持たなくなっています。 しかし苦労して就職した会社を辞めるのですから、転職する明確な理由もなく、単に今の会社が何となく面白くないと言った事で辞めるのはやはり避けるべきでしょう。 離職率の多さの理由には、企業が若者を育成すると言ったスタンスから消耗品の様に使い捨てにする姿勢が強くなって

続きを読む

転職はタイミングとやりたいことを明確にする

今の時代、転職をすること自体はそれほど珍しいことではありません。 統計上でも出ていることです。 ただし、その転職が本人にとって本当に良かったかどうかという統計まではしっかり出ているものではありません。 逆に良い意味でのステップアップの転職ではなく、転職を繰り返すというパターンも頻繁にみられるようになりつつあります。 これはあまりいい意味での転職だとはいえません。

続きを読む

転職は安易に考えず不満解消のために条件悪化の許容まで考え腹をくくるべきです

自分の将来を見据えて、スキルアップやキャリアパスとして転職する場合には、転職の目的も転職先に求めるものも明確でしょう。 こうした場合には比較的転職で失敗する事は少ないでしょうが、転職を考える理由は様々で、こうしたケースはむしろ少ないかも知れません。 転職を考える場合の多くは、勤務している会社や職場に対する何らかの不満が、動機の場合がむしろ多いでしょう。 こうした場合には、

続きを読む

就職観の背景にあるもの

就職観とは、何からつくられているのでしょうか。 一般的に就職観は身近な人や生育環境の影響を受けやすいといいます。 労働に対してよくない印象を親が子に語っていると、ただ話を聞いていただけの子供でも、労働は嫌なことだと学習するようになります。 家族の中で働いている人が、マイナスの言葉で仕事を語っていると、仕事とはマイナスなものだと思うようになります。 未成年のうちから就

続きを読む

若者の持つ就職観について

最近の若者は、どんな就職観を持っているのでしょう。 就職観として若者が持つものは、楽しく仕事をしたいという傾向があると言われています。 会社で働くだけでなく、家庭や趣味も重視したいという就職観がある若者も大勢います。 働くことで、社会に役立ちたいという方もいます。 社会にとってより必要とされる存在になりたいという考え方もあるようです。 やりたい仕事につきたいと

続きを読む

就職活動における就職観について

近年、就職観という考え方に関心が集まっています。 経済情勢の低迷から、就職難の時代が続いています。 大学によっては、学校側が先導する形で就職活動をするほど、新卒生でも就職できないことがあります。 何故仕事をするのか、仕事をすることで何を実現したいのかを問う就職観が、就職活動の中で重視されてきています。 自分にとって仕事とは何かをはっきりさせることが、就職観です。

続きを読む

転職するなら自分自身の過去を整理し、自己分析しましょう

転職には自己分析する事が必要だといいます。 上手な転職をするためには、どのように自己分析をしたら良いのでしょうか。 転職活動を行う時には、最初に自分のキャリアを整理してみましょう。 自分はどんなスキルを持っているか、何をこれからやっていきたいかを明確にします。 きちんと自己分析ができない状態で転職活動をスタートすると方向性が定まらず、迷走してしまうということもよくあ

続きを読む

就職活動で仕事を得るための自己分析

就職活動をする時に仕事を探す前にする事として、よく例に挙げられるのが自己分析です。 自己分析とは、一体、何をするものなのでしょう。 就職活動の準備に際しては、自己分析をしておくことが大事だといいます。 自己分析をすることで、自分のものの考え方や、価値観などが客観的に理解できます。 希望の職種につくためには、自己分析をすることで自分の目標を再認識し、今後どう取り組むか

続きを読む