就職活動で仕事を得るための自己分析

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-09-PAK85_oyakudachisimasu20140830500-thumb-1000xauto-5263

 

就職活動をする時に仕事を探す前にする事として、よく例に挙げられるのが自己分析です。

 

自己分析とは、一体、何をするものなのでしょう。

 

就職活動の準備に際しては、自己分析をしておくことが大事だといいます。

 

自己分析をすることで、自分のものの考え方や、価値観などが客観的に理解できます。

 

希望の職種につくためには、自己分析をすることで自分の目標を再認識し、今後どう取り組むかを考えることがポイントになります。

 

今までの人生を振り返って、強く心が動いた場面や、現在につながる気持ちの原因はどこかを探します。

 

時間の経過に沿って順番に、起きたことを並べます。

 

時系列に沿って事件を並べ、一通り読みなおしてから、この出来事の中から気持ちが浮上した場面と、気持ちがへこんでいた場面を考えます。

 

最もやる気が高まったのは、コツコツ頑張ってつくった夏休みの宿題が賞をとったことだったり、一番気持ちが下がったのは友達に陰口をたたかれて、その時はカラオケで発散したとか、様々な話があります。

 

その時、どのような行動をとったのかというのが、仕事と結びつくのです。

 

何か一つの趣味に熱中することができるため、集中して物を組み立てる仕事などに適正があるのではないかという見方をしていきます。

 

 

ただし、自己分析をしたからといって、自分にとってプラスになる仕事が探せるかは、正直曖昧です。

 

仕事を選ぶ時に、自分のものの感じ方をベースにするというアプローチは、それほど間違えてはいません。

 

いざ自己分析をしようと思っても、どこから手をつけていいかわからないという人もいますが、まずは何でもやってみましょう。

 

連想ゲームでもするつもりで、ちょっとしたことでも書き連ねていくといろいろ思い出せてきます。

 

納得のいく就職活動をするためには、自己分析などを利用して、自分にはどんな仕事が合っているかを探ってみることです。

 

コメントを残す