就職活動における就職観について

a687079609a12fa44f353f82ba936fb8_s

 

近年、就職観という考え方に関心が集まっています。

 

経済情勢の低迷から、就職難の時代が続いています。

 

大学によっては、学校側が先導する形で就職活動をするほど、新卒生でも就職できないことがあります。

 

何故仕事をするのか、仕事をすることで何を実現したいのかを問う就職観が、就職活動の中で重視されてきています。

 

自分にとって仕事とは何かをはっきりさせることが、就職観です。

 

確固たる就職観を持って、就職活動を行っている学生はそれほど多くありません。

 

就職活動の結果に満足するためにも、自分自身の就職観を明確にしておくといいかもしれません。

 

 

自分は何のために働くのか明確にすることは、就職活動だけでなく、その後の人生においても働くモチベーション源となります。

 

自分がどんな生き方をしていきたいかは人によって違いますので、これといった正解は存在しません。

 

答えの良し悪しはありませんが、自分のよって立つものはどこかという点を明らかにしておきましょう。

 

明確な就職観のないままに働いていると、物事が思い通りにならなかった時の対策が見つけられなくなります。

 

また、ものごとの原因を環境や人のせいにしたり、努力を放棄して専門性が身につく機会をみすみす逃したりもします。

 

就職観を固めることは、自分のためにすることなのです。

 

コメントを残す