若者の持つ就職観について

428781f4f4bd212233c681644a49c6a6_s

 

最近の若者は、どんな就職観を持っているのでしょう。

 

就職観として若者が持つものは、楽しく仕事をしたいという傾向があると言われています。

 

会社で働くだけでなく、家庭や趣味も重視したいという就職観がある若者も大勢います。

 

働くことで、社会に役立ちたいという方もいます。

 

社会にとってより必要とされる存在になりたいという考え方もあるようです。

 

やりたい仕事につきたいという希望は減り、安定性のある仕事につきたいと考える人が多くはなっていますが、おおむね若者の就職観は以前と変わっていないようです。

 

就職難の時代が長かったこともあって、つきたい仕事につけていないと感じている若者もたくさんいるといいます。

 

希望していた仕事に就くことの出来なかった環境下で、どのような就職観を持って働いていくべきか、若者一人一人の考えが問われています。

 

精神面でも、就職観と現実の仕事がちぐはぐだと、仕事がやりづらくなるでしょう。

 

 

働くことや、家族や友人と一緒に過ごすこととの両立をどのようにしていくかに迷ったら、就職観を捉え直すことが重要です。

 

働き方と就職観のすりあわせができていないと、仕事を続ければ続けるほど、精神的な負担が増して仕事がつらく感じるかもしれません。

 

若者の就職観は、将来の働き方も視野に入れた重要なものであるといえるでしょう。

 

就職観をどのように捉えているか自分の考え方をまとめた上で、就職活動に取り組むようにするといいでしょう。

 

コメントを残す