就職観の背景にあるもの

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-OZP_sagyougaowattehitoiki1188-thumb-1000xauto-16340

 

就職観とは、何からつくられているのでしょうか。

 

一般的に就職観は身近な人や生育環境の影響を受けやすいといいます。

 

労働に対してよくない印象を親が子に語っていると、ただ話を聞いていただけの子供でも、労働は嫌なことだと学習するようになります。

 

家族の中で働いている人が、マイナスの言葉で仕事を語っていると、仕事とはマイナスなものだと思うようになります。

 

未成年のうちから就職観についての言葉を聞いていると、当人のものの考え方とは別次元で、就職観ができてしまうのです。

 

 

現代の若者は、どういった就職観を持っているでしょうか。

 

会社から見れば、若い働き手は、会社組織の活性化を担う人材となります。

 

若者の就職観を理解することで、若手にとって働きやすい職場環境を作り出すことが可能になります。

 

自分の場所を自力でつくらなければいけない感覚と、自分の能力やスキルが使えるところで働きたいという就職観を持っている若者が、現代は多いと言われています。

 

現在の若者は、幼少期に、自分達の親世代が終身雇用や年功序列の終わった社会で働いていたところを見ています。

 

そのため、彼らの価値観の中には、定年まで一つの会社で働くというモデルがないようです。

 

安定性を欠いた社会で働いていくために、若者達は働くことや、あるいはそれ以外の方法で自分の居場所を見出したいという就職観を持っているようです。

 

各世代によって、就職観のバックにあるものは違っています。人材を必要としている企業にとっても、各世代の考え方の特性を知っておくといいでしょう。

 

コメントを残す