転職はタイミングとやりたいことを明確にする

-shared-img-thumb-LIG_teiansurusu-tusugatanodansei_TP_V

 

今の時代、転職をすること自体はそれほど珍しいことではありません。

 

統計上でも出ていることです。

 

ただし、その転職が本人にとって本当に良かったかどうかという統計まではしっかり出ているものではありません。

 

逆に良い意味でのステップアップの転職ではなく、転職を繰り返すというパターンも頻繁にみられるようになりつつあります。

 

これはあまりいい意味での転職だとはいえません。

 

わたしは大学を卒業して新卒で就職し、お世話になった会社を15年で退職し、別の会社に転職しました。

 

私事ながらその時の経験などをお伝えしたいと思います。

 

 

自己分析がしっかりできていないようでは失敗のもとです

-shared-img-thumb-LIG_soregaichibandaijis_TP_V

 

まず、転職にあたって一番大事なのは自分が本当に何をしたいのか、また次の会社、ステップで自分が何ができてどういった貢献ができるのか、そのために自分がどんな経験をしてきてどんなスキルが足りないのかしっかり自己分析することです。

 

実際のところ、この自己分析がしっかりできていないようでは、転職活動も面談の際にみすかれてしまい、失敗してしまうことになりかねません。

 

私自身も転職にあたって、なぜ前の会社を辞めたのか、そしてこの会社で何ができるかをしっかり述べてくださいと言われました。

 

この辺りを自分自身で整理できていたのでしっかり答えることができましたが、やはりここがうまくいかないようでは失敗のもとです。

 

次に転職のタイミングです

-shared-img-thumb-LIG_shinsangirigira_TP_V

 

自分自身が結婚もしておらず、独り身であれば、問題ありません。

 

いつでも思い立った時に行動を開始すれば問題ないでしょう。

 

しかし、家族を持っていたり、給料が減って家庭に影響が出るような場合は一度立ち止まって考える必要が出てきます。

 

もちろん、自己実現のためなので、なにかは犠牲にしなければならないのは当然のことです。

 

しかしながら、それが自分だけの問題であればいいのですが、妻子の生活がかかっているとなると話は別です。

 

最終的には家族との相談ですがしっかりみんなで話し合って判断するようにしましょう。

 

そして、転職にあたってはどういった手法をとるかもポイントです。

 

人脈をたどって自分が望む企業にアプローチするのか、転職あっせん会社に登録するのか、はたまたインターネットで登録して求人を探すのかといろいろなアプローチが今は用意されています。

 

自分の適性に合っているアプローチでしっかり転職を考えるべきかと思います。

 

次の仕事が決まるまでに半年以上かかることもありますので、今の会社にいかに迷惑をかけずに活動が行えるかもシミュレーションしておきましょう。

 

コメントを残す