転職前になぜ会社を辞めたいのかを再整理すべきです

 

近年では、大卒の30%が3年以内に転職を経験するほどで、ある意味転職する事に多くの人が抵抗を持たなくなっています。

 

しかし苦労して就職した会社を辞めるのですから、転職する明確な理由もなく、単に今の会社が何となく面白くないと言った事で辞めるのはやはり避けるべきでしょう。

 

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s

 

離職率の多さの理由には、企業が若者を育成すると言ったスタンスから消耗品の様に使い捨てにする姿勢が強くなっているのが、その要因の1つと思われます。

 

企業が生き延びる事に躍起で、余裕がなくなって来たからでしょう。

 

一方で企業や仕事が自分の想いと異なるだけで、その企業の問題点を課題にブラックだと表現して簡単に辞める傾向も強いと思われます。

 

もちろん、労基法違反や身体を壊すほどの長時間労働を課すようなブラック企業も存在しますが、ブラックだと言う事が若者の逃げ口上になっている事も多いのです。

 

 

あなたが望むパーフェクトな会社など中々ないですよ

b916da54d50076ba39d6f646f5206f71_s

 

会社を辞める前に、なぜその会社や仕事を辞めようと思うのかを再整理して、安易な転職をして後悔するような事が無いようにしたいものです。

 

会社や仕事に対する満足感は、収入、残業やライフバランス、仕事の内容、会社における自分の将来に対する見通し、人間関係など様々な要素によって決まるものですが、そうした要素の中で、自分は何が不満足で会社を辞めたいのかと言う事を再整理する事が重要です。

 

そんな事は、会社を辞めようと思っているのだから、当然明確になっていると思われますが、それが意外と漠然としている事が多いのです。

 

これを再度整理し、今の会社で自分が能動的に動く事で改善できる可能性はないのか、時間が経てば自然と改善する可能性はないのかと言った事をしっかり考えましょう。

 

その上で、やはり新たな道を求めなければ改善できないなら、転職の行動を起こすべきでしょう。

 

先に上げたような整理をする事で、次の転職先に求める事も明確になり、転職先を絞り込む事も容易となります。

 

ただ、今の会社や辞めようと決断した最大の理由が解決されれば、他の要素が少し悪化する事は許容できると言う要素も考えておくべきでしょう。

 

世の中にあなたが望むパーフェクトな会社など中々ないからです。

 

こうして、明確化された条件を満たす転職先を、転職サイトなど様々な方法で入手し、転職先を確保した上で今の会社を辞めるべきでしょう。

 

会社を安易に辞めた後で、転職先を探して中々見つからないと、焦りが生じ、就職できればどこでも良いと言った気持ちに陥り、不本意な転職をして後悔する結果になる事が多いからです。

 

辞めたいと言う理由の整理、それを改善する方法はないか、転職先を事前に確保、そして会社を辞めると言う流れで転職活動する事が、後悔しないためのポイントと言えるでしょう。

 

コメントを残す