転職を考える前にはしっかり自己分析をしましょう

 

転職を行う事は今では全く珍しいことではありません。

 

逆に今の日本社会においてもスキルアップを考えた場合、またはキャリアアップを考えた場合に必要なステップだと考えることもできます。

 

しかし、これはあくまでしっかりした考え方や信念に基づく転職の場合を指すわけです。

 

単に今の仕事が嫌だからとか、あきたからと言う事では間違いなくうまくいきません。

 

406278977c4ab69fbb68b72e28230176_s

 

では、転職を考える際にはどのような考え方で臨めば良いのでしょうか。

 

私もいちど転職を経験したことがありますのでその経験をもとにご紹介したいと思います。

 

簡単に言うと何よりも重要なのは自己分析になります。

 

転職の面談の際にももちろん聞かれることになります。

 

自分がこれまでどのような仕事をしてきたのか、具体的にどのようなスキルがあるのか、転職先でどのようなことをしたいのか、あるいはどのようなことで具体的な貢献をすることができるのか、自分の強みと弱みといったことを明確にイメージして転職に臨まなければいけません。

 

こういったポイントがしっかり応えられないようでは転職には望まないべきだと思います。

 

特に転職は2回目以降になる場合には、組織に対する順応性がないと言ううがった見方を面接官にされることもあります。

 

キャリアを重ねる事はプラスポイントでもあり、逆にマイナスポイントにもなるわけです。

 

ですから前述のような自己分析をしっかりしておかねばならないと言うわけです。

 

さらに、具体的に転職を考える場合には現職の職場に対する礼儀やマナーも欠いてはなりません。

 

人材が1人抜けると言う事は企業にとっては大きなことになります。

 

しかるべきタイミングで転職については職場に告げることとしましょう。

 

その上で後任を見つけてもらい、可能であれば業務の引き継ぎまできちんとできるに越した事はありません。

 

 

転職については一般的に認められつつありますが、実際の現場にとっては大変なことです。

 

そのことを常に心に留めて転職の活動を行うようにしましょう。

 

こういった心遣いができないようでは新たな職場に行っても通用しないと言えるでしょう。

 

あくまで人と人のつながりによって仕事は行われています。

 

新旧の職場での人間関係がしっかり保てるような転職活動でなければなりません。

 

この心づもりがあれば、転職活動においても人間関係の失敗は少なくなります。

 

後は冒頭に述べた自己分析がいかにできているか、転職先での貢献度を自分自身で把握しておけばよいと思います。

 

コメントを残す