必読!転職マニュアル

 

転職したいと思っている人は多く、今や大学新卒社員の3人に1人は3年以内の転職しているというデータが出ています。

 

キャリアアップのため、今の仕事にやりがいを感じない、もっと自分に合った仕事があるはず、職場環境が悪い、などなど理由は様々ですが、今の仕事や現職場へのモチベーションが下がり、環境を変えたいという気持ちは共通しています。

 

では、実際に転職活動を行うにはどうすればよいのでしょうか。マニュアルを紹介します。

 

 

まずは会社探しではありません

-shared-img-thumb-PAK75_nayamutaiyou20140823091652_TP_V

 

多くの人は職を変えようと思った時に、まず四季報を見たり、どこの会社が良いかなと検討し始めます。

 

または、転職サイトや人材紹介会社に登録し、カウンセラーに希望の条件を伝えたり、希望の条件に合った会社があるか検索してしまいます。

 

しかし、それはまだ時期尚早です。

 

現職を生かしてキャリアアップという同業でのスキルアップを狙っている人はすぐに実行して高みを目指して良いのですが、それ以外の理由の人たち、「やりがいを感じない」や「環境が悪い」という不満から環境を変えたいと思っている人は自己分析から始めることが何よりも大切です。

 

実際に条件を検索したり、紹介会社に登録したり、何かしら動いていないと不安になる気持ちはわかります。

 

でも、どんな仕事に就きたいのか、どのような環境の元で働きたいのかという明確なビジョンがないと、カウンセラーに伝えるにも「何となく嫌じゃなければよい」という婉曲的なことしか伝えることができません。

 

そうなると紹介するにも受かりやすい現職と近い仕事を紹介されてしまうので、また同じような不満を抱き、数年後には再び人材紹介会社の門を叩くなどということにもなり得ます。

 

今のご時世、よほどのエリートでない限り、仕事を選ぶことなんてできない。入れる会社に入れば良いと考える人も多いと思います。

 

でも、それでは自分が何をしたいかいうことが全く入っていないため、多くの人はモチベーションなく仕事をしていくことになります。

 

入ってみたらたまたま自分にマッチして、やりがいを感じられて充実したオフィスライフを送っているという人も中にはいますが、そのようなくじに当たるようなラッキーを求めるよりは、自分の進みたい道に向かって就職活動をしてみる方が有意義ではないでしょうか。

 

30歳から定年まで勤めあげるとすると、賞味30年。人生でもかなり多くの比重が会社生活にかかります。

 

人生の長い時間を共にする結婚相手を「何となく結婚してくれる人でいいや」と決める人はいないように、会社選びも人生の大半の時間を注ぐ場所として重大に考えなければなりません。

 

転職は結婚と同じぐらい重大なことと思って臨むのが好ましいのです。

 

自分のビジョンをつかむにはデータ収集が必要です。これまで興味のなかった職種でも、仕事内容を調べるうえで興味を持てる業種があるかもしれません。そのためにはあらゆる業種について理解することが大切です。

 

これはとても大変な作業ですが、自分の人生を左右する重大事なのでしっかりとやりましょう。

 

自分が働きたい業界が決まったら、人材紹介会社などに登録します。

 

そこでしっかりと自分のビジョンを伝えて、それに伴う仕事を紹介してもらいます。

 

紹介まで進んだら次は履歴書と職務経歴書の作成です。

PAK86_notebiz20131223

 

履歴書はフォーマットが決まっていることが多いですが、職務経歴書は自分で一から作ります。

 

ただし、一般化しているフォーマットがあるので、それに習って書くことが好ましいです。

 

目立つようにと色付きの用紙や個性的すぎるフォームを使うと悪目立ちしてしまい、協調性のない人という印象になるのでやめておいた方が無難です。

 

そして書類を送ったら面接に進みます。

 

面接でのポイントはありきたりではありますが、元気よく、礼儀正しく、落ち着いていることが大切です。

 

人間の印象は第一印象が最も大切です。学生ならまだしも、社会人経験のある人ですから礼儀に欠けることは最悪のイメージダウンです。

 

そして、もう一つ大切なのは自己アピールです。再就職の場合は誠実さや従順さも大事ですが、それに加えてスキルが求められます。

 

前職とは全く違う業界で直結する仕事ではなかったとしても、社会人経験の中で得たものはあるはずです。

 

TOEICなどの仕事に有利になりそうなスキルではなくても、接待で盛り上げることが得意や職場の人たちと仲良くなれるでもいいので、自分の持っている利点を思い切りアピールします。

 

そして何より、この会社で働きたい、この会社でどういう自分になりたい、というビジョンを具体的にしっかり誠実に伝えることが大切です。

 

面接官は多くの応募者を見て来ているので、本当に自社へ入りたいと考えているかどうか見抜けます。

 

具体的なビジョンをアピールできた応募者は好印象になります。

 

最後は人対人なので、誠実に思いを伝えることが何よりのアピールになるということを忘れずに臨んで下さい。

 

コメントを残す