採用試験の面接時に注意すべき点

737c7d117c591f7158541f4048fcb4db_s

 

では次に、採用面接でやってはいけないことについて説明しましょう。

 

面接の場ではやらないほうがいいことは、数え上げるとたくさんあります。

 

髪に触る、足を組む、腕組みをする、貧乏ゆすりをするといった行為はしないようにしましょう。

 

人と対面で話す時に、相手に悪印象を与えるような動作はしないようにしましょう。

 

極端に緊張したり、話すことに気をとられていると、いつのまにかこういった動作をしてしまう人もいるようです。

 

腕組みや、足を組んで座ることは、目上の人に対してする行為ではありませんので、面接の時はしないように心がけたいものです。

 

ですから、採用面接の際は、意識して、こういった動作をしないようにしなくてはいけません。

 

 

敬語は、面接の時には特に注目されることの一つとなります。

 

その場に合った敬語が思い浮かばないままに話していると、うっかりため口になってしまい、面接をふいにしてしまうという人もいます。

 

逆に、敬語を意識しすぎるあまり、日本語としておかしい言葉遣いで話している人もいて、客観的に聞くと違和感を感じるということもあるようです。

 

正しい敬語を使えることは、面接が終わってからも大事なことですので、勉強をしたり、実際に話してみることも有効です。

 

面接の場で口癖が出て、採用を逃してしまうということがないように気をつけましょう。

 

コメントを残す