就職活動の面接は上手に話せなくても大丈夫

SONY DSC

面接を受けることは、就職活動での大きなハードルになっています。

 

就職活動がうまくいくかは、会社とのマッチングの問題もあるので、ちゃんとやれば成功するとは限りません。

 

自分の良いところを徹底的に研究して、どんな質問をされても誠実に答えることを心掛けましょう。

 

近年では、採用面接は何段階かに分けて行われ、最終的には役員面接を行うところが少なくないようです。

 

有用な人材を確実に採用したいと考えている会社も多く、そのための努力がなされているのです。

 

面接の時に事実と異なることを話すと、後々でそのごまかしをしづらくなっていくでしょう。

 

もう何年も人材採用に携わってきたという人は、言い逃れやごまかしに気づきやすいものです。

 

採用面接でまず気をつけたいことは、相手の態度を気にしすぎたり、言葉に詰まったり、視線が定まらないことです。

 

声が小さいことやモラルがない振る舞いをすることもマイナスポイントになるでしょう。

 

ミスはしたくないと考える人は多いですが、あまり無理をしすぎると、余計うまくいかないこともあります。

 

就職活動をスタートさせる人の多くは、できるだけ早く内定をもらおうとしますが、早さ勝負ではありません。

 

就職活動はスピード勝負で行っていることではありませんので、自分が納得のいく形になるように努力しましょう。

 

 

コメントを残す