人材採用をする企業は面接を重視

 

この頃は求人が多くなっていることから、仕事を選ぶ幅が広がってきているようです。

 

就職する側にとっては様々な企業に思い切ってチャレンジできるだけでなく、職業選択の幅が広がりとてもいい傾向といえます。

 

しかし、求人が増えることは、必ずしもいいことばかりとは言い切れないと言われています。

 

とにかく人手が欲しいからと、ろくに吟味もしないで採用を決定するような会社が多くなるからです。

 

598fbfb305d0aad746836dffeaec0cc8_s

 

一方、採用される方も、内定が決まったことを自分の能力が秀でいるからだと思い込んでしまう人もいるようです。

 

安易に仕事を決めた場合は、働き始めて想像と違う事態に困ったりもするようです。

 

多くの企業では、採用に際して面接を行うことで、雇用のミスマッチや、人選判断は正しいかどうかを見極めているようです。

 

個別面接やグループ面接のほか、役員面接など様々なパターンがありますが、理想はある程度の責任のある人が個別で面接してくれるケースです。

 

 

面接では、あらかじめ出してある履歴書に目を通しながら行います。

 

面接の場で、履歴書の内容をただ繰り返させるような会社であれば、考え直すべきかもしれません。

 

面接をしながら、履歴書の内容を確認しているだけという会社は、面接は型どおりにやればいいだけと思っている可能性があります。

 

採用したい人材なのか見極めたいと本気で企業が考えているならば、面接にも自然と気合いが入ってきて当然でしょう。

 

履歴書に書かれていないことまで掘り下げて会話ができるような面接であれば、企業側が応募者を理解したいと本気で思っている証といえるでしょう。

 

コメントを残す