就職面接における質問のマナーについて

7a0de9f73b4ffa8309b42379a4553364_s

 

就職面接において好印象を持たれるためには、いくつか心得ておかなければならないマナーがあります。

 

話をする時は丁寧語を主体にはきはきと、語尾が小さくならないように身だしなみも整えてという基本的な部分があります。

 

面接会場にいる担当者は、色々な人と会っていることもあり、最低限の常識は持っていて当然という見方をしています。

 

面接の担当者とコミュニケーションを取ることは、面接本の情報を踏まえてもなかなか大変なものです。

 

質問に対する回答に終止するのではなく、自分から質問をしたり、話を広げたりする必要もあります。

 

面接の前提としてあることは、聞かれたことに対して明確に簡潔な答え方で相手に言葉を返すということです。

 

いくら面接官の説明に納得したからといって、あまりに軽い相槌をうつと失礼な印象を与えます。

 

相づちの場合は、いつもは気にせず行っていることが、面接の場所で出てしまうということがあります。

 

面接の間は、相手の言っていることを途中でとめるようなことはしてはいけません。

 

あなたが質問をしたい時は、一言断ってからにしてください。他人とコミュニケーションをとる時の常識がわかる人物だと理解してもらうためには必要なステップです。

 

確認したいことはありませんかという質問を、面接の終了直前に聞かれることは多いですので、その際に質問をするというパターンもあります。

 

自分の都合で質問をしようとはせず、場の流れに合わせることが面接対策の基本となります。

 

 

就職の面接時における質問と回答

ed27beab7a9c23010a60545025dc10b9_s

 

就職時に行われる面接では、面接官からの質問に回答することが必要となります。

 

面接時によく聞かれる質問としては、あなたがどうしてこの企業へ応募をしたのか、入社したら何をしたいのかということなどです。

 

今までのキャリアや実績、働く中で得てきたものや、どんな成果を上げてきたか、会社ではどのような戦力になれるかなどが質問されます。

 

聞かれそうな質問をいくつか想定して、その質問に対する答えをつくっておきましょう。

 

採用する側の会社も決まりきった質問をしていては、多くの人の中から選考するための材料を得ることができません。

 

定番の質問ばかりでは、答える側はそれに対する準備を整えてきますので、結果的にみんなが模範解答に近い答え方になってしまいがちです。

 

想定外の質問がされた時の対応は、面接官も特に注視しているので、対応いかんによって評価が大きく分かれるポイントです。

 

面接の場では、面接官の質問がどんな思惑によって出されているかを読み取って、答えを返すことが必要になります。

 

どういった答えを求めて相手が質問をしているかを正しく汲み取らなければ、質問され、回答をするという流れをつくることはできません。

 

聞かれたことの意味がわからなければ、質問をもう一度してもらうこともやむをえません。

 

回答の内容そのものも重要ですが、難しい質問に対する答えを出すまでの過程も評価の対象となっています。

 

面接の場では、質問への答えだけでなく、質問を聞く姿勢や、質問の内容がわかりにくかった時の反応なども評価されているといえます。

 

就職面接の時の質問と自己PRについて

7f0591e5f5656069cc3f759860710e38_s

 

面接は、就職活動を行う時には必ず発生する関門です。

 

面接を1回もしないで採用されることはごく稀です。

 

面接官は、面接時のやり取りを通じてあなたの人格や人となりを知り、採用するかを決めています。

 

面接では質問がいくつかされ、応募者は質問に回答します。

 

その回答を聞いた上で、会社側は採用するかを決めます。

 

就職活動をしている人は、就職面接の為の準備をする必要がありますが、何をどのようにするべきなのでしょうか。

 

ぶっつけ本番で、準備なしで面接を受ける人も中にはいますが、予備知識や心構えくらいの準備は最低限しておきたいものです。

 

面接時に注意すべき点として、インターネットや面接マニュアルそのままの答え方をできるだけしないようにしましょう。

 

どこかの文章を引用したかのような回答は、他の人と同じものになり、差別化がはかれなくなります。

 

角の立たない答え方は、マイナスにもなりませんが、プラスにもなりません。

 

それでは面接にわざわざやって来た意味がありません。

 

あなたは聞かれたことに答えることで、自己PRをするのが本来の目的です。

 

自分のアピールポイントをしっかりと把握する事、さらにその仕事に対しても使えそうかどうかという事を考えましょう。

 

あなたがどんな長所を持っていて、会社ではどのような点で戦力になりえるかなどを伝えたいものです。

 

自分にできることがはっきりしていない場合は、面接前に自分自身の今までしてきたことや、取り組んできたことを書き出して整理しておきましょう。

 

コメントを残す