就職試験の面接を受ける時の対処法

b79865ec5d89098e70cfdde79745ac91_s

 

何か質問はありませんかと、面接のラストで問われることはよくあります。

 

もちろん、その会社が第1志望であるなら、さまざまな疑問点が出てくるかもしれません。

 

滑り止め感覚で受けにきた企業では、聞きたいことは何もないと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

やる気がどこまであるかを知るために、面接の最後に質問はないかという聞き方をする企業もあります。

 

ここで、鋭い視点から質問をすることができれば、見所のある人物と思ってもらえます。

 

 

採用面接の場に臨む時には、あらかじめ、会社のパンフレットや、求人内容に、しっかり目を通しておきましょう。

 

面接に行く前から、どんな質問が考えられるかをピックアップしておくことで、適切な質問が出せるでしょう。

 

仮に質問がまったく出てこないなら、面接官はそれほど会社に就職したいという意志が無いのだと感じてしまいます。

 

熱意があるアピールのために、質問を次々とするという態度も、うまくいくとは限りません。

 

自己アピールがわりの質問ばかりしていると、相手方は中身のない質問をしていると思ってしまいます。

 

他の人がまず気づかないような角度からの質問をすることも、面接の場では効果がある場合もあります。

 

相手が質問に答えてくれたときは、記録をしたり、あいづちをしっかり打つことです。

 

コメントを残す