転職時の面接で注意すべきポイント

0fccd32fe997aa5e0249e73033ba4496_s

 

転職のための面接時には、学生が新卒で就職活動をして面接を受ける場合とは違った注意ポイントがいくつかあります。

 

そのポイントと、面接時の心構えについて記載してみます。

 

転職すると言う事は、前に勤務していた会社があり、

 

そこをなぜ辞めたのか

そこでどんなスキルを身に付けたのか

この会社でそうした経験をどう生かすのか

 

と言ったポイントを面接側としては必ず質問するものです。

 

中途採用する会社は人材を必要としており、第2新卒として、あまり前の会社の色が付いていない若者を育成するつもりで募集する場合と、事業の拡大や欠員で即戦力を求めている場合の両ケースが存在します。

 

自分の社会人経験年数から、第2新卒として見られるのか、即戦力対象として見られるのかも踏まえて、前記の①~③のポイントを事前にしっかりと組み立てておく必要があるのです。

 

 

面接側の質問に対する受け答えのポイント

 

まず、①のなぜ前の会社を辞めたのかは、あなたに忍耐や協調性など社会人としての適応性がなく、採用して自社で働いても、また簡単に辞めるような結果にならないかを見るための質問です。

 

辞めた理由は様々でしょうが、前の会社に対する恨みやつらみは控え目にし、働く事に対する自分の意識と前の会社の意識の差的なまとめとし、面接を受けている会社なら、自分の意思と合致すると考えて応募したと言った風に、前向きな方向でまとめる事がポイントです。

 

また、②の前の会社で身に付けたスキルに対しては、客観的な事実を中心に語り、面接側が鼻につくような大法螺的な発言は控えた方が良いでしょう。

 

身に付けたスキルを客観的な例を引いて自己PRするのは必要ですが、余りに誇大なPRに聞こえると、尊大に聞こえて逆効果になってしまいます。

 

さらに、③の前の会社で身に付けたスキルをどう生かすかの質問には、②の注意ポイント同様に、客観的に答える事を考え、過大に売り込み過ぎない注意が必要です。

 

例えば、どこの会社でも必要で共通的な経理の仕事のようなものでも、基礎知識などはもちろんスキルとして即戦力となるポイントですが、事務処理だけを取っても経理システムに違いがあるでしょうし、会社によって経営経理と言う視点から経理業務として要求されるポイントが異なる点もあるのです。

 

こうした点を考えれば、前の会社で主体的に仕事がどこまでできていたかを明確にし、一方でその会社での独自ルールなどを新人の素直な気持ちで早期に吸収し、即戦力になれるように、真摯に努力を重ねる事を訴えるべきでしょう。

 

いづれにしても、転職する理由を上手くまとめて受け応えする事が最も重要で、そこで躓いてしまうと、自分の良さなどPRする事ができなくなってしまいます。

 

社会人を経験した者として、大人の受け応えが求められているとも言えるでしょう。

 

コメントを残す