トラブルで退職する場合、面接では退職理由を別に用意しておく

 

社会人になって、転職を考える時は、誰しも少なからずあると思います。

 

それが、心の中で留まるか、実際に応募をしたりするか、はたまた実際に転職まで至るか、人によって様々だと思います。

 

そんな中、私が転職を考えている人に言いたいのは、決して後悔しないようにして下さいという事です。

 

 

大企業に転職できた、労働条件が良くなった、自分が好きな職種に転職できた等々、周りから見て羨ましいと思われる転職であっても、自分自身が納得できない・後悔していると思えば、その転職は失敗だったと言えると思います。

 

そうなってしまったのは、自分自身の中で何か引っ掛かるものがあったにも関わらず、そこをあまり大きく取り上げず、そのまま突っ走ってしまったからだと思います。

 

転職してしまったら、いくら自分が後悔しても元の企業には戻れません。

 

仮に戻れたとしても、待遇や給与、対人関係は今まで通りにはいかないと思います。

 

転職は、人生の中で大きな決断だと思います。

 

ですので、転職したいと思った時は、しっかりと準備をして活動を進めて欲しいと思いますが、まず、大切なのは、決して急がない・慌てないという事です。

 

今の仕事を一日も早く辞めたいと思っているようであれば、一旦、退職してからじっくりと準備を進めて、準備後、集中的に活動を行なうのがベストだと思いますが、辞めたいけど生活もあって、退職しながらの活動は厳しいという場合は、早く転職したいという気持ちをぐっと押さえてでもしっかりと準備をしたほうが良いと思います。

 

まず、何を準備するかという点ですが、今、なぜ、現職の仕事を辞めたいのかという理由です。

 

これは、転職活動を進める中で必ず聞かれる質問事項です。

 

ここをしっかりと相手を納得させる理由をしっかりと準備しておくべきだと思います。

 

トラブルや人間関係で転職をする場合は別の退職理由を用意する

-shared-img-thumb-PAK86_kisyanoshitumonnikotaeru20140713_TP_V

 

例えば、トラブルで退職してしまった場合、それを正直に言うのは悪くはないと思いますが、決して、良い風には捉えられないと思います。

 

“この方は、当社に入社した場合、同様のトラブルを起こすのではないか?”

 

“ただ、そこから逃げたいから転職を考えていて、別に当社でなくてもいいのではないか?”と思わせてしまいます。

 

このように取られると面接の中で挽回していくのは、難しいと思いますので、特にトラブルや人間関係で転職をするような場合は、別の退職理由をしっかりと準備しておくべきだと思います。

 

円満退職というのは、難しいとは思いますので、やりたい事が見つかったからとか前向きな理由を考えておくべきだと思います。

 

ここでは、準備の一つとして、退職理由の検討という点を挙げさせて貰いましたが、その他、志望企業の研究、将来の夢等々、面接に備えてしっかりと自分の言葉で話ができるように準備をして転職に臨んで欲しいと思います。

 

コメントを残す