面接は応募前の行動が採否を決定させる

-shared-img-thumb-F178_nekutaidansi_TP_V

 

面接前にしておいた方が良い準備は、面接の練習です。

 

予め聞かれるかもしれない質問の回答を用意しておいて、答える練習は最低限必要です。

 

何も答えられず練習していないことが伝わると、この会社に入りたいという熱意が伝わらない可能性があります。

 

練習してきた空気はほぼ必ず相手に伝わります。

 

かといって面接の質問において、分からないことを適当に答えたり、論点の違うことを無理に回答したりするなどで、全て無理に答えるということも良くないです。

 

分からないことは例えば、「申し訳ございません、それについては分からないです」などというように、自分なりの言葉ではっきり言う勇気も必要です。

 

あくまで私自身の考えですが、分からないことは分からない、と答える姿勢も評価のうちに入っていると思うからです。

 

不明なことを自分の裁量で勝手に回答して言い切ってしまうと、担当者によっては、「この応募者は、分からないことも周囲に報告連絡相談せずに、独断で推し進めてしまうのか?」 という懸念をされる可能性もあるからです。

 

そういう視点から敢えて答えようのない質問をしていることもありえるからです。

 

面接の練習は、本やネットでも質問の予想問題集もたくさんあるので、そういったものも参考にすると良いと思います。

 

厳しい面接の場合、ある程度自分の言葉で答えることも大切だとは思います。

 

場数を踏んでいる面接官だと、こういった回答をすると採用されるだろう、という答え方ばかりする応募者がいるという声はよくある話しなので、自分の言葉で多少アレンジしても良いと思います。

 

 

また、遅刻しないように、場所によっては、面接の場所の下調べも必要だと思います。

 

遅刻から始まる面接は、余計なプレッシャーがさらにかかるので、予め避けられるリスクは最初から予防しておくということで、自信のない場所は面接前に一度ルートの確認をしておいても良いと思います。

 

下準備をすればするほど、面接の本番でも、余裕が生まれるはずなので、やはりできることは全てやっておいても良いと思います。

 

新卒ではない中途の転職でも、企業研究はしておいた方が良いです。

 

面接は、応募してきた会社や業種についてどれほどの適性があるか、どの程度の理解があるか、その職種に関してどの程度できるのかを基準に、質問の会話が展開されていくからです。

 

会話が噛み合っていることが面接の基本なので、もしもその仕事が未経験でも、会話さえすれ違わなければ採用される可能性も十分あるだけに、企業研究は大切です。応募への姿勢が最も現れる項目でもあるからです。

 

面接の心構えですが、達者なスキルがあっても上から目線にならず、雇用してもらう立場なんだ、という感じで使いやすい雰囲気はある程度出していた方が良いと思います。

 

スキルが高くても、使いにくい素直じゃないと思われると採用見送りになるからです。

 

普通に社会人らしい振る舞いをしていれば大丈夫です。

 

コメントを残す