面接はとにかく大げさに頑張りましょう

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s

 

面接は見方を変えれば面接担当者と意気投合できるかどうかが大事なポイントです。

 

面接で残念な結果になってしまう人に多い共通点はやはり元気が無い人である事が多いです。

 

真面目な所や冷静さを採用基準にしている企業はまだしも、一般的な企業はコミュニケーションがとても重要な項目とみており、コミュニケーションの基本である元気の良い挨拶というのは、この人を採用して職場の和が乱れるかどうかの大事な判断材料となります。

 

誰でもそうだと思いますが、話しかけて反応の良い人と悪い人ならどちらと話していると面白いのかという事です。

 

 

面接の時間は長くて大体30分前後です。

 

なので、正直オーバー気味に明るくしてしまったとしてもこちらの化けの皮が剥がれる事もありませんし、面接官もこの人エネルギッシュで疲れるなという印象を抱く前に終了します。

 

なのでとにかく大げさにアピールする事が大事です。

 

面接は確かに自分をアピールする場である事が多いですが、意外と忘れがちなのが相手とのコミュニケーションが取れているかどうかも大事なアピール材料、判断材料となります。

 

分かりやすく言いますと、とにかく面接官が良い気分になったら勝ちなのです。

 

正直身も蓋もない言い方ですが、実際問題面接官も人間なのです。

 

なので楽しく会話した方がいいですし、自分の話をしっかりと楽しそうに聞いてくれていればやはり嬉しいのです。

 

よく面接の本等に面接官が話している時は頷きをして同意を示すのが良いと書いてありますが、実際その通りです。

 

その頷きですが、もう分かりやすい位掛け声や同意の言葉と一緒に頷いてみましょう。

 

面接官もサラリーマンです。

 

どんなに大手企業だろうが、優良企業だろうが毎年新卒の採用ノルマが設定され日々学生達に説明会等を行い、上司からは採用の数字を求められており、確実にストレスが溜まっているのです。

 

ですが面接官という事で仕事中に仕事に対するイメージを下げる行動をする事ができなくて、常に会社の顔であるという重みを背負っているので、心が休まれないのです。

 

なので面接を受ける側と同様に、面接官も相手に良く思われたいと思い面接をしているのです。

 

なので面接官の言った事に対して、大げさでも頷いたり、楽しそうに説明を聞いてくれる事は一種の喜びでもあるのです。

 

なのでできればメモ帳等も一緒に出して、話してくれた事を一生懸命メモをとる事も効果的です。

 

とにかく面接官が気分良くなれば、その面接官としてはこの人はコミュニケーション能力がある人だと判断するのです。

 

なので採用しても大丈夫という方向になりやすいのです。

 

書類選考を通過した時点で、コミュニケーションが上手く取れれば採用しますよのサインでもあるのです。

 

とにかく恥ずかしいかもしれませんが、オーバーリアクションで挑んでみましょう。

 

コメントを残す