就職や転職をする際に必ず知っておきたい採用情報について

就職や転職をする時にまずは履歴書を用意することでしょう。 相手企業にいい印象を持ってもらうために履歴書を頑張って書きたいけれど、基本の書き方がわからないという人もいます。 自分にとって納得がいく仕事を選ぶためには何をすればいいかや、履歴書に書くべきポイントは何かがわからないという人もいます。 ですが、自分のスキルに関しての悩みを持つ前に、まずは企業側の情報をよく見てみるという

続きを読む

円満に退職するために必要なステップとメリットについて

転職をする人が増えてきた昨今では、仕事のミスやちょっとしたトラブルで退職する人も多いようです。 会社としても、そう簡単に退職されると都合が悪いですから、円満な退職にならないことが多いようです。 会社との関係が円満なままで退職できれば、どちらにとっても気分がいいでしょう。 円満に退職していれば、雇用関係が切れてから訴えられたり、事後処理で問題が大きくなることもないでしょう。

続きを読む

再就職よりも転職できるように効率の良い就職活動の方法を選択する

再就職するときに知っておきたいこと ハローワークで求人広告に目を通し、再就職先を探しているという方はたくさんいます。 失業手当の給付日数以内で再就職先が決まると、それ以後の失業手当はもらえなくなりますが、そのかわりに再就職手当を受け取ることか可能です。 収入がない期間が長く続くと貯蓄がどんどん少なくなって生活の継続が危うくなるため、再就職先は早く決めたいものです。 早めに再

続きを読む

大学生が就職活動する際の情報収集はネットだけに頼ってはいけない

現代の情報収集はネットによるものが大半であり、大学生の就職活動でも同じことが言えます。 しかし、インターネットだけで就職活動に必要な情報の全てを得ようとすると、うまく就職活動ができない場合が少なくありません。 ネットは誰が閲覧するかわかりませんので、大抵は当たり障りのない情報しか書いていない企業が多いといいます。 最初の情報提供で希望者を絞り込みたくない企業ほどその傾向があり

続きを読む

有名大学生でも就職活動が有利になるとは限らない

様々な大学がつくられていますが、数万人の学生が学ぶ大学もあり、大学進学率はかなりの高さです。 最近では、どんな人でも大学を出ているというイメージがあるほど、大学進学が一般的になっています。 最近は、大学を卒業したということが、就職活動に特段有利なことではなくなっています。 いい大学を出た人ほど、いい就職先を選べるという風潮が完全に撤廃されたわけではなく、ある程度は関わっていま

続きを読む

就職活動で希望と現実のバランスの悩みをどう解決するか

就職活動では誰でも悩みを抱えるもの 就職活動をしている時は不安になり、このままで大丈夫なのかと悩むことも少なくありません。 悩みを持つと苦しく感じますが、新しい局面に移行するための突破口が開ける前触れになるかもしれません。 就職活動は、自分の人生を左右する重要な局面になりますので、うまくやりたいと思うでしょう。 就職活動は人によって状況は違っていても、就職活動にあたり悩みは

続きを読む

自己分析とは過去の自分を振り返り自分の得意不得意を知ること

転職活動に必要な自己分析で自分にマッチした仕事を見つける 転職活動において自己分析を取り入れることによって、自分に適した仕事を見つけやすくなります。 自己分析のやり方は色々なものがありますが、転職活動をする時に自分に合う仕事を探すやり方があります。 業種ごとの適正をグラフで表示される自己分析法では、芸術関係に特化している人は服飾や執筆などの仕事が適しています。 芸術的の対極

続きを読む

転職エージェントを使って効率的な転職を実現しましょう

転職をする際に自分で応募する方法と転職エージェントを利用する方法との違い 転職をしたいと思ったことがある人が多いと思いますが、転職をしようと思い転職先を検索しているうちに転職エージェントというものを見つける機会があると思います。 これは転職に関しての情報を出していたり、実際に転職をしようとしている人と転職先の企業などとの橋渡し的な役割をしてくれる組織です。 こういった転職エージェ

続きを読む

転職後に後悔や失敗をしない方法

現状よりも良くなると考えて転職したものの失敗したと感じたり後悔してしまう方に通ずるのは、理想としている事と現実の差異を深く考えずに実行に移してしまったという事です。 将来的に抱える不満を全て事前に把握しておく事はできないものの、情報を集める事により現場に身を置く前から具体的に考えられるようになるので、いかに情報収集に努められるのかがポイントです。 中でも多いのが現時点への不満が溜ま

続きを読む

異業種に転職する時に面接で担当官を納得させる志望理由とは

異業種に転職をする場合に、当然面接で「何故前の業種と違う業界を選んだのか」と聞かれます。 その時に面接の担当官が納得するような志望理由がなければ一般的に前の仕事と全く違う分野への転職はあまり歓迎される事がないので決して良い印象は持ってもらえません。 ではどのような事を言えば納得してもらいやすいかと言うと、まず「前の仕事で培ったスキルやノウハウを他業種でも上手く転用出来る」という事を

続きを読む

期待していた異動が幾度も打ち砕かれた!こんな会社、辞めたい!

私の在籍していた会社は、中小企業の中ではそこそこ大きく、社屋が複数ありました。 私のいた部署は、メインの社屋ではなく、離れた場所にあるビルでした。 ビルごとに雰囲気が異なっており、営業のあるメインのビルは比較的綺麗で、内部の風通しも良い印象がありました。 しかし、私の部署があったビルは、昔ながらの建物で、かなりボロボロでした。 ビル内の照明は、なぜか全ての階が暗く、ビル

続きを読む

残業が多く子育てしにくい会社は辛かった

IT系エンジニアとして勤務していましたが、子育て中なので時短など利用できると良いのですが、どうしてもITエンジニアは時短が難しいので大変でした。 データーベースエンジニアとして顧客対応していたので、問い合わせがあったら障害対応することになるなど、残業が多くなり子育てとの両立は難しいなと感じるようになりました。 子供が小さい頃は、なるべく一緒にいたいと思っていたのですが、残業が多いの

続きを読む

こんな会社やめてやる。そして潰れろ。じゃないと僕が潰れる。

私が新卒で入社をしてから、丸三年。 中規模のベンチャー企業に営業職として入った私は、殆ど休みもなく働いていました。 社用の携帯を貸与される会社は多いと思いますが、休みの日でもその携帯を持っていなければなりません。 お客様とのトラブルがあったり、その日お店を開けるアルバイトが来ていないなどのトラブルがあるとその携帯が鳴り響き、サービス休日出勤が確定します。 ある日、日曜日

続きを読む

休んではいけない会社

前に働いていた会社は、30人程度の中小企業です。 1人1人が担当の仕事が決まっていて、1つの仕事を責任をもって最後までやり遂げるというスタイルで仕事をしています。 その為、体調を崩したり休みたい時などの人員調整が大変です。自ら代わりにやってくれそうな人を探さなければいけません。あまり信頼関係もない上辺だけの付き合い方の人が多く、いきなりキレられたりと苦労します。 自分の仕事も

続きを読む

家族をバカにするのはご法度

私は現在40代前半の事務系の仕事をしているサラリーマンです。 私は、10年前にこの会社に転職しましたが、中途入社した当時はずっとこんな会社はとっとと辞めてやる、と思っていました。 私が中途入社した会社へ転職したのは、経理の業務につきたかったためです。 前職では、社内のシステム関連の仕事をしており、特に所管との窓口的な役割をしていた関係で、所管の業務自体に興味を持ち、中でも経理

続きを読む

社員の性格の悪さがにじみでていた会社

今から10年ほど前に、通信販売業をしている会社に、社員として就職しました。 テレビショッピングでも見た事あるような、それなりの会社だった記憶があります。 入社早々、私は上司の元で、ネットショップの運営に携わりました。 主な仕事としては、売れた商品の梱包、発送や、ショップのページの更新、商品の撮影、在庫管理などでした。 現金で販売されたもの、クレジットカードで決済されたも

続きを読む