怪しすぎる編集社

以前雑誌の編集をしていたのですが激務のため体調を崩して続けられなくなってしまいました。 仕事にはやりがいがあり、適性も感じていたのでもっと勤務時間にゆとりのある会社で働こうと新しい会社を探しました。 そこで見つけたのが新しく創刊されたばかりの地域の情報誌を編集する仕事で、残業なし、土日休みという好条件にすぐに応募しました。 次の週に本社に呼ばれ社長との面接を受けました。

続きを読む

うんざり!コンビニでのサービス残業

サービス残業が蔓延、問題視されている昨今ですが、私もコンビニ店員をしていたころに経験したことがあります。 大手のコンビニでは、フランチャイズと言って直営店のほかに本部の雇われオーナーが経営している店が多くありますが、私が勤務していたコンビニもそういった類のものでした。 そしてこのフランチャイズのコンビニ、オーナーの当たり外れが大きく、私は見事にその「外れ」でした。 具体的なエ

続きを読む

サービス残業でお給料に満足できない!

保険のFPアドバイザーとして勤務していましたが、お客様が急に来店して保険の見直し相談など始めると、けっこう時間が経つので知らぬ間に2時間経っていたということもあります。お客様の来店によって、休憩が取れたり取れなかったりとバラバラになることも多く、日常生活の中でストレスを感じることも多々ありました。 職場内もマネージャーは、かなりチェックが厳しいので、勤務して1年半経っても接客しているとア

続きを読む

転職に役立つ求人情報を集めるための方法について

どのようにして求人情報を見つけるかが、転職活動では大事です。できるだけ多くの情報を集める事で、自分が本当に転職したいと思える転職先と出会えるチャンスも広がります。 求人情報を集める時に最もポピュラーなのは、ハローワークに通う方法です。職業安定所と呼ばれるハローワークには、たくさんの求人情報が集まっています。 手軽に仕事の情報を探したい人は、インターネットの求人サイトで求人情報探しを

続きを読む

転職の時に提出する履歴書や職務経歴書について

現在の仕事を辞めて転職する時に大切になってくるものが、履歴書や職務経歴書など希望する会社に提出する書類です。 会社の採用担当者の目に1番最初に触れることになる書類なので、担当者から実際に会ってみたいと希望されるような書類にしなければ第一関門を通過することが難しくなります。 大勢いる採用希望者の中から選ばれるためには、採用を検討している企業に合わせた書類作りが大切です。 転職す

続きを読む

転職後の出戻りの実態について

ひと昔前は一旦転職してしまうと元の会社に戻る、いわゆる出戻りは許されない風潮にありましたが、現在では容認する会社も増えています。 その理由のひとつに慢性的な人手不足があると言われています。しかしながら、推奨されいるわけではもちろんありませんし、許されるのもごく一部の人であり、そのハードルは高いということを忘れてはいけません。 では、実際に出戻りが許される人はどのような人かというと、

続きを読む

転職活動には求人情報を効率よく集めて比較検討することが大切

求人情報を見たいと思ったら求人サイトをチェックすればよくなり、多くの人がネットを活用しているようです。 検索サイトを使うことで、様々な条件下での求人情報を探せるようになりました。 メールアドレスを登録して、希望する仕事の条件を指定すると、条件にあった求人が出たときにメールで知らせてくれるサービスもあります。 人通りの多いところには求人情報のフリーペーパーなどもありますので、求

続きを読む

求人情報を利用して転職活動を進めていく方法とは

もしも転職したいと思っているなら、手始めに行うことは、求人情報欄に目を通すことではないでしょうか。 転職先の仕事には何を求めるべきかをはっきりさせるために、求人情報を確認して傾向を掴みます。 迷い無く適切な行動をとるためには、まず転職の方向性を決めておくべきでしょう。 企業が提示している求人情報の中には、自分にとって関心が強い事柄が抜けていることもあります。 気になる事

続きを読む

何に気をつけるべき?未経験者が転職するときの注意点を紹介

転職するときは経験のある仕事を選んだ方が成功しやすいです。 しかし、さまざまな理由により未経験の仕事に就きたいと考える人もいるでしょう。 大学や専門学校を卒業して入社したものの、仕事に適性がないことに気付くケースなどが挙げられます。 その場合は経験者と比べて不利な点を認識したうえで準備をすることが大切です。 前職の適性のなさだけを理由にすると、悪い印象を与えてしまうこと

続きを読む

転職先に営業職が人気の理由

営業職に従事する事で得られるやりがいは日々の仕事の成果が数字として目に見える点なので、漠然とした気持ちで従事するといった事はなくモチベーションを高く持ち続けた状態で仕事に向き合えます。 もちろんプレッシャーになる事もありますが、契約数が増えていくという事はより良い物やサービスを世の中の人々に与えられているという裏付けにもなるので、キャリアアップはもちろん世の中の役に立ちたいと考えている方

続きを読む

転職してキャリアアップ

日本では入社すると定年になるまで同じ会社に勤める人が多いものの、昔に比べると転職する人も増えています。 特に若い世代は自分のキャリアを伸ばすために積極的に仕事先を変える人が多いです。 年収や待遇をもっと上げたい場合や仕事の幅を広げたい場合、希望通りの転職をするためには綿密な準備が必要となります。 理想だけでは希望通りの転職を成功させることは難しいです。希望するキャリアを築くた

続きを読む

将来性を見据えた転職を考える

転職を繰り返すとキャリア形成が上手くできず、後々になってから苦労することがあります。 また、職が安定しないことで年齢による弊害が生まれるリスクも考えられます。将来性を見据えて計画的な行動を採らないと苦しむのは自分自身ですので、これから転職を行う際には十分に注意しなければいけません。 将来性を重視した転職を行うには、業界の今後をよく調査するのがセオリーです。 業界全体が衰退すれ

続きを読む

日本の若い男女は積極的に転職を行っています

働き方が平成と昭和では大きく様変わりしています。滅私奉公で一つの企業に骨を埋める気持ちで就職するのが昭和の働き方でした。転職をするという発想は基本的に労働者になく、一度就職したらその企業の中で頑張る、という形が普通です。 終身雇用と年功序列が機能していたため、昭和の頃は一つの企業の中で成果を上げる方が効率的だったのです。実際に好景気な事も後押し、サラリーマンの大多数が普通に働くだけで

続きを読む

転職に適した時期はいつなのか?

もし未経験での転職をしたい場合、なるべく早めに転職をした方がいいです。 なぜなら、未経験の場合、転職先の業界で生かせるスキルを持っていないことが多いからです。 そのため、企業は就職希望者の若さを重要視します。 若ければ若いほど基本的に有利になりますので、若いうちに転職しましょう。 ただ、ひとつ注意点があります。 新卒以外の未経験者を求めている会社は、その職種の経験

続きを読む

転職者のための説得力のある志望理由の書き方

転職活動において志望理由は大事な判断基準になります。 転職は新卒と違い前の会社をやめて、その会社に行きたいということなので、志望理由になぜ前の会社ではなく、この会社を選んだかということを面接官に納得させないと評価が下がってしまいます。 まず、ダメな例として説得力がない志望動機を解説します。 不採用になるありきたりな志望理由 よくあるダメな志望動機の1つめは曖昧であること

続きを読む

転職に成功する人と失敗する人の考え方の違い

転職に失敗する人には、ある程度の傾向があると言われています。 こういう人は、面接を何回も受けているのに、全然内定が出ないため、自信がなくなっていき、面接でうまくアピールできないという悪循環に陥りがちです。 転職に失敗しているということは、志望企業の担当者にアピールが届いていないためであり、改善すべき理由というのは存在しています。 なぜ転職に失敗してしまうのか 根本的な問

続きを読む