転職求人サイトのデメリット

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-05-PAK82_yaritenoonnakacyou20140125500-thumb-1000xauto-4529

 

転職求人サイトは転職活動をするにあたっていろいろ便利なものですが、反対にデメリットはあるのでしょうか。

 

サイトに自分で登録を行い、求人情報を検索して閲覧する必要がありますので、求人サイトを煩雑だと感じる人もいるようです。

 

転職エージェントのように、転職の相談に乗ってくれて、条件に見合った転職先を紹介してくれるところと比較すると、面接までの手続きも自力で行う必要があります。

 

求人サイトに載っていることが情報のすべてになりますので、そういう意味では情報不足だと感じる人もいます。

 

転職のための人材紹介会社の場合、専門のキャリアコンサルタントがいて、その企業の求人についてより詳しい情報を教えてくれるということもあるようです。

 

 

求人サイトは、一から十まで自力で転職活動をする必要がありますので、提出する書類は自分で作成しなければいけません。

 

面接のアドバイスも受けることができないので、自分ひとりで準備しなければならないのが転職求人サイトのデメリットです。

 

面接を受けても失敗続きだったり、自力で面接を受けてもうまくいかないという人は、転職エージェントを利用して、助言をもらうべきかもしれません。

 

求人サイトから応募して、先方に断られてしまった時の、その理由がわからないからです。

 

次回に活かすための改善点がわからないのは、弱点ともいえるでしょう。

 

プロのアドバイスが得られる機会があれば、書類を見直したり、面接対策をやり直したりして、これからにつなげていくことが可能です。

 

もしも、求人サイトを利用しても転職活動がなかなかできないという人は、転職エージェントを使うといいかもしれません。

 

コメントを残す