円満退職のための意思の伝え方

419ccbc454c3e83d99e3701b10dc3240_s

 

円満に退職をすることは、転職を成功させるための重要な要件の一つです。

 

退職することになっても、社会人としてはいい関係を保っていきたいものです。

 

今後の働き方の中で、何らかの形で関係する可能性もあります。

 

退職届は仕事を辞める当日に出すものではありません。

 

円満退職をするためには、2カ月ほど前に直属の上司へと退職したいという考えを伝えておくようにしましょう。

 

円満退職をするなら、同僚ではなく、まず直属の上司に対して退職を打診するという形式をとることが、社会人に求められる行動です。

 

社長や部長に話してしまうと直属の上司の管理能力が問われてしまう場合があります。

 

円満退職のためにはまず直属の上司に相談という形で持ちかけるべきです。

 

直属の上司に話を伝えたら、その後は上司の指示に従って、より上の人と話し合うという形になります。

 

上の人に話が通り、正式に退職することが決定するまでは、親しい同僚や先輩に対しても、退職の話は漏らさないというのがマナーです。

 

 

個人的な理由で退職をするという形をとると、円満退職がしやすくなります。

 

たとえ、退職の理由が会社内で起きたことに関わっていたとしても、それを話しては円満退職になりません。

 

引き止めの材料にされてしまうこともあるでしょう。

 

円満退職を望むのであればたとえどんな理由があろうとも不平不満を述べるのは極力避けましょう。

 

周囲に快く送り出してもらうためにも、自分自身のキャリアアップなど前向きで納得のいく理由を伝えることで円満退職することができるでしょう。

 

コメントを残す