転職の始め方、スケジュール

2268930

今の仕事に不満を感じるのであれば、転職を考えるようになります。

 

転職をしようと考える場合には、退職をしてから新しい仕事を探すのか、それとも働きながら新しい仕事を探すのかということになります。

 

可能であればできるだけ働きながら新しい仕事を探すようにしておいた方がいいでしょう。

 

毎日残業ばかりで休日もない場合には、働きながら新しい仕事を探すことはできませんが、比較的時間に余裕がある場合には、働きながら新しい仕事を探した方が効率がいいでしょう。

 

 

転職活動の始め方は、スケジュールを考えて活動をしていくことです。

 

無謀なスケジュールを組んでしまうと、いい転職先を見つけることが出来ませんので、無理のないスケジュールを組むようにしましょう。

 

まずどのくらいの期間が必要になるかということですが、半年から三か月程度は余裕を持っておくようにしなくてはなりません。

 

求人を探すところから始まり、面接をして内定をもらい、そこから仕事の引継ぎをしていかなくてはなりません。

 

求人を探すのに一か月かかったとしても、その会社で面接をしてもらうまでに数週間かかり、そこから内定をもらうまでにさらに数週間必要になる場合もあります。

 

数週間待ったものの、結局不採用ということになれば、またそこから求人を探さなくてはなりません。

 

一社目で内定をもらえるかどうかはわかりませんので、並行して数社を検討するようにしておいた方が早く内定をもらうことが出来るでしょう。

 

一社ずつ結果を待ってから次を探していれば、半年以上かかっても内定をもらえないこともありますので、自分の組んだスケジュール通りに転職をすることが出来なくなってしまいます。

 

内定をもらえたらすぐに今働いている会社に退職を伝えるようにして、仕事の引継ぎをしていくようにしなくてはなりません。

 

引継ぎがどのくらいかかるのかも考えながら、新しい職場にいつから働けるのかを伝えるようにしましょう。

 

引継ぎが思った以上に時間がかかってしまった場合には、新しい職場で働きながら、前の仕事からの問い合わせなどが来るようになりますので、あわただしくなります。

 

すんなりと新しい職場で働けるようにするためにも、引継ぎがしやすいようにあらかじめ準備をしておくようにし、スムーズに引き継げるようにしておくことです。

 

新しい職場に行ったら早く仕事を覚えなくてはなりませんので、余計なことで時間を取られないようにしなくてはなりません。

コメントを残す