何故転職したいのか?を考える

668292

転職をする際に、面接で答える時に多くの人が悩むのが転職理由です。

 

なぜ職場を変えるのかということは、人によって異なりますが、伝える方法にはコツがあるといえます。

 

前の職場を退職した原因として、本当のことを正直に答えるべきなのか、どのように伝えればよい印象として伝わるのか、よく考える必要があります。

 

職場を変えたい理由として上位にあげられるのは、キャリアチェンジ、現職への不満、キャリアアップなどが上位を占めています。

 

特に会社の将来性や給与の不満、残業の多さなど、現職の不満から職場を変えたいと考える人は多くいるようです。

 

男性に限った場合でいうと、女性と比べた場合、専門知識や技術力を習得するため、市場価値をあげたいなど、男性はスキルアップやキャリアアップをはかりたいという理由が多くみられます。

 

女性の場合には、残業の多さ、給与の不満、女性が働きにくい職場であることなど、条件や働き方に関係のある不満が多い傾向にあります。

 

転職する際に伝える理由は、前の職場を辞めたことと必ずしも同じであるとは限りません。

 

面接や職務経歴書で伝えることは、なぜ前の職場を退職したのかということと、なぜ応募先企業を志望したのかということの二つの要素をふくまなければなりません。

 

どちらも仕事に対して、なにを求めるのかということが重要になります。

 

 

転職を決意した訳を話す際には、これから仕事でどんなことをしたいかということを主に考えて話すことを意識しましょう。

 

面接官が転職理由で見ているポイントとしては、ひとつめに仕事をするにあたり、なにを重視しているかということです。

 

前の職場を辞めたということは、仕事をするにあたりなにかが満たされなかったと同時に、次の仕事でそれをかなえたいということでもあります。

 

面接官は仕事に対する考えを知り、自分の企業にそれがあてはまるかということも見ています。

 

次に責任感を持って仕事を行える人材であるかという面も見ています。

 

前の職場を辞めたのが、仕事に対するいい加減な態度という面が見えてくるような人には、信頼して仕事を任せることはできないでしょう。

 

そのため、人間関係のトラブルや、ストレス、飽きたという時には、言い方に工夫をする必要があるといえます。

 

そして新しい仕事に対する意欲もみています。

 

前の職場を辞めたことよりも、これからの展望や希望とすることを強調し、伝え方に工夫をする必要があるといえるでしょう。

 

コメントを残す