転職する際にもっていると有利な資格

10398280

転職の時に持っていると有利になる資格がいくつかあります。

 

語学系のものは有利になることが多く、外資系の企業だけではなく、普通の企業に転職する時にもプラスになります。

 

現在の社会はグローバル化しており、ほとんどの企業が外国と何らかのつながりを持っています。

 

そのために、仕事で英語を使うことが必要になる場合が多く、語学の資格を持っている人は採用の際に有利になります。

 

TOEICがビジネスの現場では一番評価されており、できるだけ高い点数を取る必要があります。

 

点数で言えば700点以上を目指しましょう。

 

 

英語を使って海外部門で働くつもりなら、800点以上が好ましいです。

 

TOEICで高い点数を取るのは容易ではありません。

 

毎日コツコツ勉強する必要があります。

 

短期間で点数を上げたい場合は、英会話スクールに通うのが良い方法です。

 

未経験者の方が転職する場合は、介護の資格が役に立ちます。

 

介護の業界は人手不足が続いているので、経験のない方でも転職しやすいです。

 

いくつかあるのですが、その中で取りやすいのは介護職員初任者研修です。

 

これは学校に通えば、最短1ヶ月で取得できます。

 

働きながらでも、3ヶ月から4ヶ月程度で取得できるので、取りやすいです。

 

介護職員初任者研修を最初に取っておけば、介護の業界でステップアップして、さらに上級の資格を取れるようになります。

 

これを持っていれば、採用された後の報酬が高くなることが多いです。

 

持っていなくても、介護業界には転職できることが多いのですが、その場合は採用されてから取得を勧められます。

 

中小企業診断士も役立つ資格です。

 

これは企業の経営の状態を調べて、アドバイスするものです。

 

企業の経営に直結する仕事をするので、どの会社に入るときも優遇されます。

 

これを取得するのはかなり難しく、十分な準備が必要になります。

 

昼間も学校に通えば、比較的早く取ることができますが、その場合は会社をやめる必要があります。

 

収入がなくなるというリスクがあるので、できることなら会社に行きながら、取ることが好ましいです。

 

通信講座とスクーリングを併用した学校を利用しましょう。

 

ネットの活用できる学校だったら、ネットの配信により講師の講義を聞ける場合があります。

 

またレポートの提出なども容易になります。

 

会社で働きながら、これを取ることができたら、実際の仕事に使ってみましょう。

 

仕事で使った経験があれば、実務の経験として評価されて、新しい会社に入りやすくなります。

コメントを残す