円満退職をするための方法

fe4ce1df9e444876113bcc2dbaff312c_s

 

円満退職は、滞りなく転職をするためには重要なポイントです。

 

どんな日程で動けば、円満退職という形で会社を辞めることができるでしょう。

 

円満退職をするためには、少なくとも1カ月以上前には退職の意思を伝えておきます。

 

引き継ぎや、後任の決定など、やめるための準備があるためです。

 

退職までの予定は、できるだけ周りに迷惑がかからないようなものにする必要があるでしょう。

 

お金についての話も、退職が決まると同時に進める必要があります。

 

退職後にすぐ働くつもりでなければ、生活費の準備もいるでしょう。

 

上司とは有給休暇の残り日数なども考慮し退職日を相談しましょう。

 

 

退職1か月前になったら業務の引き継ぎを行いましょう。

 

引き継ぎを丁寧に行うことは円満退職のための重要なポイントです。

 

引き継ぎのための資料がいるならばきちんとつくり、後任者に渡しておきます。

 

退職の挨拶状を出す必要があるなら、10日前くらいに出します。

 

取引先に事情を話し、後任者を紹介しておくことも、円満退職には欠かせません。

 

会社から借りていた備品を返したり、パソコンのデータをわかりやすく整理することも大事です。

 

退職に当たって会社から渡される書類や、雇用保険被保険者証、年金手帳などもきちんと回収します。

 

当日までにしっかりと担当業務を処理してやり残すようなことのないようにするのも円満退職のために大事なことです。

 

円満退職のためには、退職する会社に迷惑をかけず、気持ちよく送り出してもらえるように心がけることが重要です。

 

コメントを残す