転職活動と円満退職について

a8e50113b2ac954b21b423014d266657_s

 

採用面接を成功させて転職先を決めたなら、後はもとの会社を円満退職することを考えましょう。

 

円満退職がうまくいったなら、気持ちよく新天地での仕事を始めることができるのではないでしょうか。

 

直属の上司に退職の意思を伝える時は、あまり忙しいタイミングにならないようにしましょう。

 

円満退職を目指すのであれば、できるだけ会社業務に差し障らないように注意をしてください。

 

理解者になってもらうためにも、家族には転職の相談は早めにしておくことが大事です。

 

家族にも協力してもらえる環境を作っておきましょう。

 

退職することについては安易に口にしないことも円満退職のコツです。

 

職場で噂になってしまうとスムーズな退職ができなくなる場合があるので要注意です。

 

 

正式に退職が決まったら、社内の人と話し合い、折り合いがつく日を退職の日にすることです。

 

新しい会社に勤め始める日や、引き継ぎなどを考慮して決定します。

 

採用が決まった企業に新しく行く日は、一旦決まった日を守れるように予定を組むことです。

 

円満退職をするなら、しっかりと仕事は引き継いでおくことです。

 

当人がいなくなってから評価が左右されることもあります。

 

引き継ぎをきちんと終わらせることができれば、その人の価値は上がります。

 

退職日の3日前までには引き継ぎが終了するように計画を立て、資料も作成しましょう。

 

円満退職のためにも、誠実に今の会社への感謝を忘れずに最後まで業務をこなすことが大事なことではないでしょうか。

 

コメントを残す