転職で成功する!心構え編

1897091

転職が一般的になった昨今であっても転職の回数が多い人は、その先の転職活動が難しくなることが多いです。

 

企業側からすると、採用して入社してもらったとしても再度退職していなくなってしまう可能性が高いと考えるようになるためです。

 

そのためこのような活動は何回でもできるものではないことを心得ておくべきです。

 

また次の就職先を見つけるための心構えとしては、求人に応募して面接の際には、前職でどのようなスキルを身につけてどのような業務を経験してきたかが必ずと言っていいほど問われます。

 

そのため今の企業で自分がどのような点で成長したかの棚卸をして整理しておく必要があります。

 

この時点で自分に何もないことがわかった場合には、次の企業に採用される可能性が低いと考えるべきです。

 

入社して数か月で退職してしまう人は、特にその可能性が高いと考えられます。

 

そのため企業で働くにしても数年は働き、第三者から見てもある業務については精通していることがわかるような経験をしスキルを身につけておくことが必要です。

 

このように考えると、入社した企業においてはとりあえずは一生懸命に業務にいそしみ、その過程において自分を少しでも成長させたと言えることを他人から見てもわかるぐらいのレベルまで身につけておくことが必要なのです。

 

人間関係の好き嫌いという感情だけで会社を辞めるような事は避けるべきで、そのような人はどこの企業に入社したとしてもそのような場面に出会うことになり、その都度退職を考えるようになります。

 

ただ人は人から嫌われたくないという感情が非常に強いために、他の人の期待に応えるために無理をしたり自分らしくない働き方を余儀なくされることが多いです。

 

そのため自分らしく働ける職場を見つけることがストレスなく長く働いて実力を発揮できる可能性が高いと考えられるために、次の職場の情報は慎重に調べておくことが必要です。

 

また転職の理由が前職での人間関係が理由だとしても、それを次の企業の面接等では話すべきではないのです。

 

人間関係で退職する人は昨今非常に多くなっています。そのため人間関係に難がある人は企業側も採用を控えるようになっています。

 

このように転職を成功させるためには、自分自身にアピールできるスキルを身につけることは勿論のこと、相手企業の採用担当者の身になって発言を考えておくことが必要です。

 

そのために面接を受ける前の心構えとしては、聞かれるだろう質問に対する回答をしっかりと準備して臨むことが必要なのです。

 

 

転職とは人間関係を新たに構築することです

人間関係の構築が下手だったのかも知れませんが。

 

 

コメントを残す