転職に成功する人と失敗する人の考え方の違い

SONY DSC

転職に失敗する人には、ある程度の傾向があると言われています。

 

こういう人は、面接を何回も受けているのに、全然内定が出ないため、自信がなくなっていき、面接でうまくアピールできないという悪循環に陥りがちです。

 

転職に失敗しているということは、志望企業の担当者にアピールが届いていないためであり、改善すべき理由というのは存在しています。

 

なぜ転職に失敗してしまうのか

根本的な問題ですが、転職に失敗する人は、単純に能力が足りない場合があります。

 

転職に失敗してしまうという人は、働いてみたいと考えている業界や企業で、やっていけるだけの経歴や知見、技術を持っていないケースがあります。

 

必要な能力が足りていないという事になってしまうと書類選考で落ちてしまうことになります。

 

同じ企業で働いていると、外部の人間と比較されることはありませんが、転職活動は、他の転職希望者と比べられ、劣っていると容赦なく落とされることになります。

 

このような状態にある人は、まずキャリアを作ることが重要になります。

 

そのためには、今置かれている会社でもっと頑張るしかありません。

 

現在与えられている仕事をきちんとできていない人は、転職に失敗する確率が高いと言われています。

 

今やっている仕事と関係ない他業界に転職を希望する場合は、さらに失敗する可能性が高いです。

 

今まで働いてきた分野についての知見があり、キャリアもあるのに、まったく通用しない別の業界への転職を希望する人は、どうしても失敗する確率が高くなってしまいます。

 

転職で失敗しないためには、これまでの仕事を活かすことができ、新しい職場においても即戦力になることがポイントになります。

 

全く違う業界の会社に転職したい場合は、ある程度のコネクションや、その業界で武器となるような資格などを取得しておく事が、転職の失敗を防ぐ手段になります。

 

同じ業界への転職活動であっても、失敗する人は、自分についての前向きなアピールが苦手であるという特徴があります。

 

転職が一般的になっている今日ですが、転職の理由は、現在の職場の待遇や人間関係に何らかの不満があることがほとんどです。

 

職場に対する不満などを転職活動の面接などで話しても、採用担当者はあまりポジティブに受け止めません。

 

そのため、面接では自分のことを前向きに語り、アピールする能力が求められます。

 

転職活動を行う際は、面接担当者に「この人と働きたい」と思ってもらう必要があり、前向きに仕事に取り組んでいくというアピールが重要になります。

 

 

転職に成功する人の考え方と行動

転職に成功する人には、共通した考え方と行動の仕方があると言われています。

 

転職に成功する人の多くは、自分が何をやりたいのかということがはっきりしており、軸が明確になっています。

 

ビジネスパーソンにとって、転職の決断は大きな判断です。

 

転職活動にかぎらず、いろいろなことを求めてしまうと、軸がぶれてしまい適切な判断ができなくなってしまいます。

 

転職活動をする際に、絶対に必要な条件をきちんと決めておくことで、軸がはっきりとして、面接担当者にも、考えがきちんと伝わりやすく、心証が良くなります。

 

明確な軸を持つことで、履歴書や職務経歴書の掲載方法も分かりやすくなります。

 

年収、勤務時間、勤務場所など、人によって転職に求めるものは違いますが、これらの事項について、譲れないことをはっきりしておくことで、迷いがなくなり、決断がしやすくなります。

 

「有名な会社に入りたい」、「やりがいを追求したい」などの転職目的は、軸がぶれやすくなります。

 

有名な会社の定義は人によってことなり、やりがいというものも具体的な指標というものがありません。

 

これらの分かりにくいものを転職先に求めてしまうと、軸がはっきりせず転職は失敗しがちです。

 

また、転職に成功する人は、新しい職場で自分がどのように貢献できるかを明確に語ることができます。

 

面接を担当する人にとっては、転職希望者を受け入れることで、何らかのメリットがなければ採用する意味がありません。

 

転職に成功する人は、自分の得意分野、今後やってみたいこと、企業側に求めることの3つについて常に考えながら行動しています。

 

履歴書や職務経歴書などの必要書類について、それらに基づいて作成されるため、書類選考にも通過しやすくなります。

 

つまり、転職に成功する人は、しっかりと準備をした上で行動しているということです。

 

面接において、志望動機や自己PRなどを用意しておくだけではなく、面接担当者の名前が分かっている場合は、その人の情報をできるだけ入手するなどの努力を怠りません。

 

転職先の役員クラスの人が面接担当者として登場することがありますが、中には有名人もおり、インターネットなどで情報を取ることができる場合があります。

 

また、本を書いていたりする場合もありますので、それをあらかじめ読んでおいたり、購入して感銘を受けた部分を話したりすると、相手の心証は高くなります。

 

転職活動で準備をしている人は、新しい職場でもきちんと準備をすると思われるため、転職に成功しやすいのです。

 

 

転職後に後悔や失敗をしない方法

転職に役立つ求人情報を集めるための方法について

 

 

コメントを残す