転職に適した時期はいつなのか?

もし未経験での転職をしたい場合、なるべく早めに転職をした方がいいです。

 

なぜなら、未経験の場合、転職先の業界で生かせるスキルを持っていないことが多いからです。

 

そのため、企業は就職希望者の若さを重要視します。

 

若ければ若いほど基本的に有利になりますので、若いうちに転職しましょう。

 

ただ、ひとつ注意点があります。

 

新卒以外の未経験者を求めている会社は、その職種の経験は求めていませんが、社会人経験者を求めていることが多いので社会人経験1年以上という条件をもとめていることがあります。

 

なので、現在勤めている会社に8か月勤めているのであれば、あと4か月我慢して社会人経験を1年つむと就職活動の際有利になります。

 

転職市場で自分の売り時はいつなのかを冷静に分析する

あなたが今と同じ業界に転職したいということであれば、思い立った時に転職するのではなく、自分の売り時を冷静に分析して、なるべくいい時期に転職することが重要になります。

 

転職できたとしても自分の実力が転職先の会社にあっていないときは容赦なく首をきられてしまうこともあります。

 

そうなったらキャリアに傷がついてしまい、自分の市場価値が著しく下がってしまいます。

 

どの業界にも年収が高くなるラインというものがあります。

 

自分の経験がそのラインに見合っていないと思ったときは、社内の研修や資格などで自分の実力を上げることをおすすめします。

 

研修や資格などは、いざ転職が成功しなかった時も自分の持っているスキルとして生きてきますのでムダになりません。

 

また、2年後3年後を見据えて自分のキャリアを考えていくこともいいです。

 

企業は20代の人をとる場合、すぐに実力を発揮できる人を求めることは少ないです。

 

なので、20代の転職では給料の基準が低くなってしまいます。

 

それに比べて30代の転職はというと、社会人5~10年目で仕事のノウハウも十分積んでいるので、企業は即戦力として期待してくれます。

 

教育や仕事内容なども自分で学習することを求められますが、あなたにその力量があれば年収も社会人2~3年のときの給料と比べたらはねあがります。

 

社会人としての売り時は節目節目で変わります。

 

今の仕事の雰囲気にあっていないですとか、上司との人間関係に悩んでいるなどで転職を考えている人も多いですが、転職市場での自分の価値が上がる直前に転職してしまってはもったいないです。

 

なので、やめたい気持ちを飲み込み、ベストなタイミングで転職市場に乗り出しましょう。

 

 

転職にはタイミングの見極めが欠かせない

転職するときにはタイミングを見極めることが重要になります。

 

もし、新卒で会社に入り、同期が出世していくなか、自分の出世がなかなかできないときは転職のタイミングかもしれません。

 

その時は自分の会社に自分が出世して就くことができるポストがあるかどうかを把握しましょう。

 

ない場合、あなたは出世コースから乗り遅れていることになります。

 

一度出世コースを外れたら、再び出世コースに乗ることは簡単ではありません。

 

このまま平社員で終わるよりはほかの会社でチャレンジしてみたいと思ったならそれはベストなタイミングです。

 

引き抜きの声がかかったときも良い転職のタイミングです。

 

まず、就職活動を通しての転職と違い、引き抜きでの転職は今の会社より給料が上がることが多くなります。

 

また、あなたの業務を評価されての転職になりますので、会社自体があなたに期待しています。

 

最初から出世コースとポストが用意されていることもありますし、なによりあなたの実力を見込んでの引き抜きなので、仕事もあなたの実力に見合ったものであることになります。

 

前の会社を辞めた理由も積極的なものととらえてもらいやすいので、就職活動を通した転職と比べて引き抜きの転職の場合は有利になります。

 

転職は企業の求人が増えるシーズンに始めるといいでしょう。

 

1年を通して求人数が増えるのは3月から4月と9月から10月のあいだです。

 

求人数が多い方がいい条件の求人ももちろん多くなります。

 

しかし、この時期は転職する人の数ももちろん増えるので、気を抜かずにライバルに負けないようにしましょう。

 

また、逆に求人が減る時期に転職活動をすることにもメリットがあります。

 

4月の下旬や10月の下旬などはすでに採用の時期をすぎ求人数も減っています。

 

しかし、その時期に求人を出している会社は、急な退職や新事業などで人材を真剣に求めていることろが多いです。

 

なので、自分の経歴では入れないような会社でも、この時期なら求職者も少なく採用される確率も高くなります。

 

最後に、もし転職が決まった場合でも今勤めている会社の引継ぎなどをしっかりしてからやめましょう。

 

法律上は退職の2週間前に言えばやめることができます。

 

しかし、引継ぎなども考えると退職の1~2か月前に退職の意思を上司などに伝えることが望ましいです。

 

飛ぶ鳥跡を濁さずという言葉がありますが、会社への義理を果たさないでやめるとあなたの社会的信用につながります。

 

もし転職先が決まっても、今勤めている会社に迷惑をかけないようにやめましょう。

 

コメントを残す