何に気をつけるべき?未経験者が転職するときの注意点を紹介

転職するときは経験のある仕事を選んだ方が成功しやすいです。

 

しかし、さまざまな理由により未経験の仕事に就きたいと考える人もいるでしょう。

 

大学や専門学校を卒業して入社したものの、仕事に適性がないことに気付くケースなどが挙げられます。

 

その場合は経験者と比べて不利な点を認識したうえで準備をすることが大切です。

 

前職の適性のなさだけを理由にすると、悪い印象を与えてしまうこともあります。いろいろなことを考慮して対策を立てなければなりません。

 

なぜ不利になるのかを明確にすることが第一歩です。それをカバーする理論を自分の中で用意する必要があります。

 

入社してから短期間で仕事を変えるのであれば、特に不利になる理由を知っておくことが重要です。会社で働くと成果を出すのと同時に、日々成長していくことになります。

 

その積み重ねによってビジネスマンとしての土台が作られていくのです。その土台は働くうえでの大きな財産といえます。

 

しかし仕事を変えるのであれば、その土台を使えなくなるケースがあります。異なる業種で働く場合は、まったく活かせなくなるケースも珍しくありません。

 

習得したスキルや築いてきた人脈が無駄になる覚悟が必要です。応募している企業にとっては、その分だけ人材としての魅力が少ないように見えてしまいます。また適性がないと判断したら、他の仕事に就きたいといって辞めることを懸念されかねません。

 

 

この事情を考慮したうえで対策を立ていきましょう。まず一見すべて無駄になると感じるスキルであっても、実は活かせるものは意外と多くあります。コールセンターで働いていたのであれば、電話対応を任せてもらえば役に立つでしょう。

 

データ処理をしていた人は、システムの運用を学ぶ下地があると言っても良いかもしれません。報告書を書いていた経験が多いなら、ライターとしての基礎が身に付けているケースもあります。

 

このように視野を広げれば、活かせる仕事が見つかる可能性は高いです。それまでの職場になかった視点を持ち込んでくれる人材として重宝される可能性もあるでしょう。

 

スキルの不足に関しては、そのように流用できるものを探すことで対処するのがおすすめです。ただし既存のスキルにこだわりすぎるのも考えものです。未経験であることを自覚していないと見なされかねません。

 

成長していく意欲が欠如していると誤解されることもありえます。大切なのは未経験でも将来的に戦力になると実感させることです。多少つらくても諦めずに働き続ける熱意を示すことが欠かせません。

 

コメントを残す