転職後に後悔や失敗をしない方法

現状よりも良くなると考えて転職したものの失敗したと感じたり後悔してしまう方に通ずるのは、理想としている事と現実の差異を深く考えずに実行に移してしまったという事です。

 

将来的に抱える不満を全て事前に把握しておく事はできないものの、情報を集める事により現場に身を置く前から具体的に考えられるようになるので、いかに情報収集に努められるのかがポイントです。

 

中でも多いのが現時点への不満が溜まり過ぎてしまい、とにかく環境を変えたいという一心で今後が漠然としているのに転職したという事例です。

 

最初の数ヶ月間程は全く新しい職場という事もあり、新鮮味が感じられて気持ちの面でもリフレッシュできますが、やはり次第に疑問を持つようになり再び自問自答する日々が続いてしまいます。

 

こうした失敗を回避するには思い立ったように転職するのではなく、長いスパンで計画を練り上げていき目標にしている現場で活躍している方と同一の学習をしてみたり、お話を聞きに行くのが良いです。

 

 

またスモールステップと呼ばれる小さな一歩を個人的に行ってみるのも良い方法であり、業種により可能であれば自宅などでその後の予行練習を行ってみましょう。

 

また、実際に働き始めてみると当初聞いていた情報と異なり残業があるのは繁忙期のみと耳にしていたものの、仕事を始めてみると繁忙期に限らず連日残業続きというケースは稀有ではありません。

 

小さな子供を育てていて今後は子供と接する時間を長くしたいなどの理由で勤務時間は譲れないのなら、面接の時に前もって1週間あたりの残業時間の許容範囲を伝えてみましょう。

 

当然採用が見送りになってしまう確率が高まってしまいますが、想定外の長時間労働を強いられるよりも良いですし、尚更自分に合っている他の会社に目を向けるチャンスが得られます。

 

そして、転職というのは比較的優れたキャリアがある方でも一筋縄ではいかないので採用されると手放しで喜んでしまいがちですが、後悔しない方はたとえ無事に採用されたとしても一喜一憂せずに冷静に労働条件通知書に目を通します。

 

楽観視していると失敗する起因になるので、しっかりと書類に目を通してトラブルになりそうな事案の有無を確認する必要性がありますが、より良いのは面接時ではなく内定を得た後に確認した方が良いです。

 

さらに社会人としての経験が長くなってきた方こそ、かつての職場とは社風や従業員の雰囲気が異なる事が悩み事になるので、郷に入れば郷に従えの精神で転職先に馴染みましょう。

 

コメントを残す