再就職よりも転職できるように効率の良い就職活動の方法を選択する

再就職するときに知っておきたいこと

ハローワークで求人広告に目を通し、再就職先を探しているという方はたくさんいます。

 

失業手当の給付日数以内で再就職先が決まると、それ以後の失業手当はもらえなくなりますが、そのかわりに再就職手当を受け取ることか可能です。

 

収入がない期間が長く続くと貯蓄がどんどん少なくなって生活の継続が危うくなるため、再就職先は早く決めたいものです。

 

早めに再就職先が決まれば、失業保険のかわりとして再就職手当が受け取れるのですから、とても都合がいい話といえます。

 

法律に従ってもらえるお金ですが、就職祝いのようで、喜ばしいものといえます。

 

とはいえ、再就職手当を受け取るには条件を満たさなければなりませんので、確認しておきましょう。

 

ハローワークに問い合わせることで、失業保険の指定給付日数の残り日数などから、いくらもらえるかがわかります。

 

就職活動がうまくいき、失業期間が短く済んだ時には、他にももらえるお金があります。

 

うまく再就職ができて、6カ月以上の勤務が終えた時に、以前に再就職手当をもらっていて、前の職場より給料が下がっている人がもらえるお金です。

 

就業促進定着手当というものですが、再就職先が決まった時には自分か該当するか調べておくといいでしょう。

 

再就職支援手当も、就業促進定着手当も一回限りの支給金ですので、臨時収入であることは心がけておく必要があります。

 

納得のいく再就職先を見つけるためにも、使える制度は自分のために有効活用することです。

 

 

再就職のメリットとデメリット

今まで働いていた仕事をやめて、しばらく失業してから再就職をすることになると、なかなか就職先が決まらなくなることがあります。

 

自分がどんな仕事をしたいと考えているかをはっきりさせた上で、再就職のための求人探しをすることが重要になります。

 

再就職の場合は一度、社会人として会社で働いているので、新卒の時よりも企業に対する希望が明確になっていることが多いと思います。

 

再就職先をある程度見極めた上で求人情報に目を通すことで、希望に合う仕事が探しやすくなります。

 

今までに就職活動をした経験を生かして、再就職先を探せば、効率がアップします。

 

再就職先を決めるための面接も、今まで経験を総動員すれば、心構えを以て臨むことが可能です。

 

会社勤めをしながら転職先を探す人と比べて、退職後に再就職先を探す活動をしている人は、時間の裁量がきくという利点があります。

 

自分が培った技術や、職務経歴を再就職先に生かすことができれば、会社に有力な人材として評価してもらえるでしょう。

 

経験やスキルのほかに資格を有している人は、転職サイトに登録して自らどんどんエントリーをしていくのも手です。

 

インターネットの求人サイトは、離職していた期間が長くなったケースでも登録はできますし、仕事探しもできます。

 

どんな職場が人材を求めて求人情報を出しているかを知りたい場合は、ハローワークや、人材あっせん会社などが役立ちます。

 

就職活動に効果がありそうなことを一つ一つ取り組んでいくうちに、再就職先を見つけるためのチャンスが得られるようになるでしょう。


再就職と転職との違いについて

転職や、再就職という言葉は、働いていた経験がある人が、別の職場で働き始めることをいいまます。

 

言葉の意味として、転職と、再就職とでは、違いはあるでしょうか。

 

ざっくり言ってしまえば、それまで働いていた職場を辞める時に次の職場が決まっているかどうかの違いです。

 

先の仕事をやめる時には次の仕事先が見つかっておらず、仕事をしていない期間に就職先が決まる状態が、再就職になります。

 

それに対して転職は、今働いている職場を辞める前に次の職場が決まり退職後期間を開けずに働きはじめることを指します。

 

仕事をしていない期間が長引けば長引くほど、再就職という感覚になります。

 

離職していた日数が長くなりすぎると、採用面接ではその理由が聞かれたり、ネガティブな評価を受けることもあります。

 

仕事をしていないと、当然ながら収入が途絶えますので、生活費をどこからまかなうかも重要な問題です。

 

可能であれば、再就職よりも転職できるように、効率の良い就職活動の方法を選択する方が良いでしょう。

 

就職支援サイトを用いて次の就職先を探すスタイルが一般的になっていますが、離職期間の長さでサポート範囲も変わるようです。

 

ハローワークでは、履歴書の書き方や面接の練習などを実施している場合もあるので、積極的に利用しましょう。

 

再就職や転職に向けた支援は色々なものがありますので、自分が必要としているものを有効に利用しましょう。

 

コメントを残す