ハローワークの求人で仕事を探す

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-12-PAK85_telshinagaramemowosuru1292500-thumb-1000xauto-3919

 

ハローワークで仕事の求人を見るという方法は、以前から使われてきました。

 

仕事の求人は、ハローワーク以外でも、求人雑誌や、ネットの求人サイトで探すことが可能です。

 

ハローワークで閲覧可能な求人とは、近隣地域の企業が募集しているものがほとんどになります。

 

ハローワークは、近隣で仕事を探したい人や、自宅から通える範囲の職場を探している人向きの求人情報があります。

 

反対に、ネットの求人サイトは、国内の求人を扱っていることが多く、地方で働きながら、東京などで仕事をしたいという人に適しています。

 

けれども、全国の求人情報があるとはいっても、インターネットの求人は、地方の中小企業の求人はそろっていません。

 

わざわざ求人サイトに情報を乗せても、地方の小さな町工場などでは都会から応募に来る人は少ないため、そこまでする必要が感じられません。

 

地元の人を採るメリットは、即戦力のある人を探している場合、地元の地理などが分かっていると、それだけで教える時間が半減できるという事もあります。

 

地方の求人を効率よく探せる以外にも、ハローワークで仕事を探すことの長所はいくつかあります。

 

ハローワークに登録する時に、どんな仕事を探しているかを用紙に聞いておくと、いい求人が来たときに紹介してもらえます。

 

ハローワークの目的は、人材と企業のマッチングであるために、一般的な求人サイトよりは、もう一歩踏み込んだ職業の紹介を行っています。

 

ハローワーク主催のセミナーや面接会などを行い、人材を求めている企業が、求職中の人と出会える場をつくります。

 

多くの人が仕事を見つけられるように、模擬面接をしたり、履歴書の書き方の指導や添削を行うなど、色々な面から就職活動を支援してくれています。

 

就職情報誌や転職サイトの場合は、企業側がお金を払って求人情報の掲載をしていますが、ハローワークは公共の施設なので、求人情報を出すことにも、応募をすることにもお金はかかりません。

 

個人事業主や、中小企業は、できれば金銭的な負担なく新しい人材を確保したいものですから、ハローワークが選ばれているのです。

 

 

ハローワークでの求人募集

就職活動で希望と現実のバランスの悩みをどう解決するか

 

 

 

コメントを残す