再就職と失業保険の手当について

a0001_013665

失業したら、まずは再就職を早くしたいと思うのは当然だと思います。

 

失業期間中の収入を確保するためには、再就職のための求人探しをする前に、失業保険の手当を受給できるように必要な諸手続をとりましょう。

 

まずは失業保険の手続き用書類を揃えます。

 

しかし、誰もが失業保険をもらえるわけではありません。

 

失業手当は、もらえる人と、もらえない人とがいますので、自分はもらえる資格があるのかどうか、今の仕事をやめる前に把握しておく必要があるでしょう。

 

再就職をする為に仕事を得る努力をしている事、そして、退職した日より遡って1年間に被保険者であった期間が半年以上あることです。

 

いくつかの会社にまたがって勤めていたという人でも、被保険者期間は合計することができますので、失業手当が受給できたりします。

 

前の会社を退社した時に失業手当をもらっていたり、再就職するまでに1年以上あいている時は合計する事はできないので確認してみましょう。

 

 

大抵の人は、働いて得る以外の収入がありませんので、生活費が不足するのではないかと思うものです。

 

ローンの返済途中の人や、子育て中の人は、収入を確保しないとお金が一方的に出ていってしまうばかりです。

 

頑張って転職活動をして、次の仕事に就こうと思っても、いい求人がなかったり、先方の反応がよくなかったりと、思うようにいかないこともあります。

 

会社を退社した後の生活費を貯金などの蓄えを使っていては、先行きもわからないわけですから不安も多々あると思います。

 

失業手当がもらえるようにしておくことで、すぐに再就職ができなくても、ある程度の収入を得ることができるようになります。

 

コメントを残す