中途採用では新卒採用とは判断基準が違います

348f73ceb21dc11cb422980d8007fa6d_s

 

新卒の新規採用とは異なり、中途採用では社会人としての経験や能力が求められている場合がほとんどです。

 

別の会社で働いたことがある人を雇うからこそ、企業側としてもあなたがどういうことができる人材なのかを知りたいと思っています。

 

新しい職場で、自分という人材はどのような形で戦力になりえるかを相手に伝えることが、中途採用者のポイントになります。

 

転職を成功させたいなら、自分を売り込むチャンスは逃さずに的確にアピールすることが大事です。

 

今まさに会社が欲している人材と、自分の人物像が合致していることを、相手に伝わるようにアピールすることです。

 

自分がアピールしている部分が、会社の仕事内容を知った上でアピールしていることを伝えることができれば、採用されやすくなります。

 

中途採用だからこそ、面接時によく質問されるのが前の会社を退職した理由です。

 

ネガティブな理由で退職を決めたという場合でも、そのまましゃべってしまうと相手からの印象が悪くなりがちなので要注意です。

 

もっと深くまで勉強がしたいとか、自分の能力を高めたいなど、自分の意欲を示せる動機がいいでしょう。

 

仕事をやめた理由は、次の仕事につきたい理由に繋がっていることがありますので、面接では話題になりやすい事柄です。

 

自分を高めたいという理由で退職をした人が、前の仕事よりも難易度の低い仕事を希望していては、言っている内容に矛盾が生じてしまいます。

 

新しく就きたい仕事と、前の仕事を辞めた理由とは、常に繋がっているとは限りませんが、齟齬が起きないようにしてください。

 

 

中途採用は新卒採用時とは求められることが違います

2232372216543312d95b6826970b601f_s

 

中途採用枠で新しく人を雇い入れたいという会社は、どんな能力を持つ人材かで応募者を評価するものです。

 

一方、新卒者を採用する時には、中途採用者を採用する時のように、実績や技術を求めて採用することはまずありません。

 

新卒者の面接では、その人の人格を第一に見ようとしているものであり、技術や能力を評価する場ではありません。

 

対して中途採用時の面接においては、あなたの人柄は言うまでもなく、今までの実務経験やこれからの仕事に対する能力の有無が確認されます。

 

中途採用者の採用試験は、企業にとっては欠かすことができない非常に重要なポイントとなっています。

 

企業の考え方が、新卒者を雇用する時と、中途採用者を雇用する時とでは違うことを、転職活動時は理解しておくことです。

 

あなたは、現在に至るまでの職歴や、実績、積み重ねてきた経験などを、面接官にわかりやすく説明できるようにする必要があります。

 

面接では、自分のスキルや実績が、新しい職場でどういった形で活かすことができるものなのかをPRできるようにしておきましょう。

 

採用面接の段階に進んでいる時点で、履歴書や職務経歴所による書類審査は終わっており、面接は次の段階となっています。

 

あなたはせっかく面接に進んだのですから、普段通りの自分をしっかりアピールできるように、日ごろから準備をしておかなければなりません。

 

面接でのやり取りでは受動的な姿勢にならないように注意して、時には自分が話題をつくるくらいのつもりで場に向かうといいでしょう。

 

採用面接で、イメージした自分をしっかりアピールできるように、あらかじめ面接対策を行うといいでしょう。

コメントを残す