転職活動をする時の注意点について

 

現在の仕事と並行して転職活動を行う時には、気をつけるべき事柄がいくつかあります。

 

転職先の企業が決まってから、現在の会社の退職手続きをとることが、安定した収入を保つためには必要です。

 

c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s

 

採用面接の日に仕事が入り、面接を受けに行けないという人がいます。

 

書類選考が通っていざ面接になっても相手先から指定された日時に仕事で行くことができなければそのまま話が流れてしまうことがあるので要注意です。

 

休みを確保するためには有給を使うことが一般的ですが、会社によっては有給が取れないこともあります。

 

今、転職活動を進めているという話題は、勤めている会社に対してうかつに口にすると、支障が出るおそれがあります。

 

どんなに仲のいい人でも、会社の人には言わないようにしましょう。いつどこで、話が漏れるか定かではありません。

 

 

部下の転職を喜ぶ上司は滅多にいません。

 

引き止めようと婉曲に説得をしてきたり、転職活動をしづらい状況に置こうとする方もいます。

 

転職活動の最中に、人間同士のトラブルに発展することもありますし、仕事がしにくくなります。

 

転職活動がうまくいき内定をもらったら会社の入社日を決めます。

 

今まで働いていた会社をやめたい場合、退職届を出せばすぐに辞められるとは限りません。

 

転職活動を円滑に行うためには、退職届を出してから実際に退職するまで、引き継ぎに必要な期間を見越して1カ月は必要になります。

 

コメントを残す