転職を成功させるには「在職中の転職情報収集」と「転職活動のための資金作り」が不可欠

-shared-img-thumb-OOK85_partywohajimeyou20131223_TP_V

 

現在、転職を考えている方のために、私の経験から注意するポイントと、おすすめの方法をお話ししましょう。

 

転職を考えた時に、すぐに会社を辞めてしまうのは、賢明なやり方とは言えません。

 

言うまでもなく、転職は保証されたものではありませんから、そんなことをしたら、突然「ただの失業者」になってしまうだけです。

 

そんな状況で、転職活動を一から始めるのはリスクが大きすぎるでしょう。

 

かんたんに転職先が見つかればいいですが、そうでないケースも少なくありません。

 

転職活動に苦戦すれば、当然大きな焦燥感を抱くことになってしまいます。焦れば焦るほど、うまくいかないのが転職というものなのです。

 

そんなことにならないために、退職する前にするべきことが2つあります。

 

1つは、十分な情報収集。

 

自分の望む転職先の業界や業種、職種について、具体的な求人情報を含めて、情報を集めましょう。

 

また、転職のノウハウに関する情報も必要です。

 

今の仕事を続けたまま、転職サイトなどを活用して情報収集に努めてください。

 

もう1つ必要なのが「資金作り」です。

-shared-img-thumb-PPC_1manensatu4mai_TP_V

 

というと、「別に起業や開業を考えているわけではないのに、なんで資金が要るの?」と思われる方もいるでしょう。

 

就活のことを思い出してください。就活や転職活動には、お金がかかるものなのです。

 

今の仕事を続けながら転職活動を続け、成功させることができれば、それに越したことはありません。

 

しかし、転職はそう甘いものではないのです。仕事を続けながらの活動は、かなり大きな制限があるものです。

 

自由な活動、たとえば面接の日程調整などを考えれば、やはりどこかの時点で会社を辞して、転職活動に専念したほうが成功率は高くなるでしょう。

 

その場合は、やはり一時的に失業者になるわけです。

 

当然給料は入ってこなくなりますから、その間の生活費の心配もしなければなりません。

 

 

「失業給付金がもらえるのでは?」と思われた方にお答えします。失業給付金は、今の会社を辞めてすぐにもらえるものではありません。

 

自己都合で退職した場合、3ヶ月経たないと給されないシステムになっているんですよ。

 

転職活動が数か月からそれ以上になることも、十分想定されます。

 

その場合、最初の3ヶ月は完全に無収入になってしまうのですから、少なくてもその間の生活費や活動費は、きっちり確保しておいた方が賢明でしょう。

 

ですから、転職を考えたなら、まずは毎月一定額を預金し、ボーナスをそっくり転職のための資金に回すなど、事前の金銭的準備を、しっかりしておくことをおすすめするのです。

 

十分な情報と資金があれば、焦らずじっくり転職活動に専念することができます。

 

そうすれば、転職成功率はアップするに違いありません。

 

コメントを残す