転職に向けて辞めるまでの間に気をつけたいこと

-shared-img-thumb-LIG_kodokunizangyoucyuu_TP_V

 

転職を予定していても、転職すると確実に決めるまでは、決して口外しないことです。

 

まだ、転職について迷いの気持ちがある段階で口外してしまうと、余計な弊害がおきてしまうこともあるからです。

 

言わなければ、平和に過ごせるはずだったのに、言ってしまったことで余計な軋轢をうんでしまうことがあります。

 

本当に辞めると決めた際には、退職に関しての社則があるならそれに従い、準じた行動を取ればいいだけです。

 

例えば退職するなら、2ヶ月前に申し出るといったようなことです。

 

迷いの段階で意思表示すると、職場は利害関係もあるので、好き嫌いといった個人的感情が表に出てしまうこともあり、まったく余計な軋轢を生みかねないからです。

 

自分は辞めるとはいっても、周りの士気を下げないような配慮も必要です。

 

 

引き継ぎをしながら退職の準備もしつつ仕事も探しましょう

-shared-img-thumb-LIG75_denwawokakerudansei1194_TP_V

 

会社を辞める前にしておいたほうが良いことは引き継ぎです。

 

後任者が決まっているならば、引き継ぎしやすいように自分の環境を整えておくことは重要です。

 

退職のとき、タイミングよく辞められるように、新しい大きな仕事も請け負わないように気をつける必要もあります。

 

かといって、さぼるわけにはいかないので、仕事を引き受ける量は、バランスを調整しつつ適度にやっていく必要があります。

 

机、ロッカーの整理も必要ですが、周囲の人間は、これからも勤めていくので、あからさまにやると良い印象を抱かれることはありません。

 

ビジネスライクに、周囲の仕事を手伝う程度にとどめながら、退職の準備も並行しながらやっていったほうがいいです。

 

後任者が決まっていない場合は、辞めてから「あれはどうやるの?」といったような連絡が来ることもあるので、社内に自分しか分からない業務のことがあれば、在籍している人に、前もって伝えておく必要もあります。

 

私物と会社の物をしっかり分けておく必要もあります。

 

転職活動においては、興信所あるいは探偵を利用して人物調査するということも比率で言えば少ないですが、実際にあることです。

 

興信所の利用がなくても、経理担当のようにお金を扱う仕事で退職する場合には、次の転職先から人物調査が入ることもあります。

 

どんな経緯で辞めるにしろ、どんな個人的感情がたまっているにしろ、以上のことから最後まで気を抜かずに周囲には社会的な振る舞いをキープしつつ、良い印象を持ってもらったまま辞めることがベストです。

 

飛ぶ鳥跡を濁さず、終わり良ければ全て良しです。

 

仕事の探し方は、在籍中に活動するのであれば、当然、できる限り内密に活動していったほうが良いと思います。

 

効率性を重視するのなら、転職サイトにエントリーするのも手段です。

 

派遣会社の利用も、登録すれば先方から紹介があるので時間短縮にもなります。

 

退職後に活動するのであれば、職安や求人誌、転職サイト全ての利用をしながら、じっくり選ぶこともできます。

 

コメントを残す