後ろは振り向かず、前進する転職活動!

-shared-img-thumb-AL0012-oinaninetenda20140722_TP_V

 

バブル崩壊後、就職氷河期と言われてきた日本ですが、現在も決して順風満帆な状態とは言えませんよね。

 

このような時代の中で、やっと就職した会社であっても、辞めたくなることもあるかと思います。

 

もちろん、続けていくことが一番良いことだと思いますが、決して続けることだけが人生ではないと・・・私はこう思っています。

 

さて、会社を辞めると決めた場合、この瞬間から、新しい仕事を見つけなければならない状態になるということ。

 

そうです、転職活動です!

 

まず、どのようなことをしておくべきでしょうか。

 

 

履歴書を書く

 

転職活動ができる時期は、その人それぞれだと思いますが、もし、ご家庭を持っている男性でしたら、退職後、すぐに新しい会社で働かなくてはいけないかもしれません。

 

また、若い女性や主婦の方で、すぐに収入を必要とされない方は、しばし休養をとりながら、ご自身に合った就職先を探すことも良いかと思います。

 

どちらにせよ、自分に合った会社が、いつ求人募集されるかわかりませんので、会社を退職される前から、履歴書は何通か用意しておくことをお勧めします。

 

もちろん、証明写真もバッチリ撮影しておいて下さい!

 

有給休暇を有効利用

 

もし、有給休暇が残っている場合は、転職の準備として、この期間を有効活用して下さい。

 

特に、間を開けずに転職したい場合は、有給休暇を利用して、気になる会社に面接に行ってみるのも一つの方法です。

 

その場合、「もし採用されたらいつから働くことになるのか?」を、きちんと確認しておくと良いかもしれませんね。

 

引き継ぎなどで、すぐに退職できない会社もあると思いますので・・・。

 

いよいよ会社を退職して、本格的に転職活動をされるという方は、辞めた会社のことは、もう考える必要がないわけですから、その分、会社に行きながら転職活動をされる方より、自由に活動することができます。

 

しかし、既に退職してしまったことにより、転職先を見つけなければならないという、焦る気持ちも出てくる場合もあります。

 

ちなみに、私の人生においての転職回数は、契約社員を含めて3回。

 

転職先がすんなり決まったこともあれば、苦戦したこともありました。

 

また、なかなか転職先が決まらない時は、退職したことを後悔したこともありましたし・・・。

 

しかし、どうして会社を辞めたいと思ったのか、どういうことをやりたいと思って転職の道を選んだのか。

 

この考えをしっかりと持っていれば、私のように後悔することもないかと思います!

 

正直、会社の面接官の中には、「継続は力なり」というお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 

そうした中で、何となく嫌だったとか、人間関係が嫌いだったという発言は、ちょっとマイナスになる場合もありますので、あくまでも、こういう仕事をやりたいので転職したといった言い回しの方が、相手の方にも、やる気が伝わると思います!

 

社会とは、継続することも転職することも、それぞれの苦労があるかと思います。

 

そうした中で、転職をしようと決心された方々が、笑顔で再出発できますよう、転職を経験した先輩として、笑顔で応援したいと思っています!

 

コメントを残す