30代女性の転職を成功させる3つのポイント

 

30代の女性の転職には、いくつかのコツが必要です。

 

なぜならば、30代女性といえば大学卒業後に就職したとすると約8年の社会人経験があるはずなのです。

 

その8年間に何をやってきたのか、何ができるようになったのかが新卒者やその他の人たちとの差別化になるのです。

 

a0001_014949_m

 

採用側になって考えてみると、30代女性を採用するメリットは、即戦力になることと融通が利く能力を持っていることです。

 

この二つの能力は、ただ8年間社会人をしていたからといって身につく能力ではありません。

 

それなりの経験によって得られる能力です。

 

転職する際には、この能力をいかにアピールできるかがポイントとなります。

 

具体的には、総務事務をしていた場合、備品の発注や資料の作成はできて当たり前のことです。

 

30代女性の転職には、もうワンランク上の能力が求められます。

 

例えば、会社の葬儀の通達から受付、会計処理までを行った経験など新卒者には経験できない経験がアピールポイントとなるのです。

 

 

30代女性の転職ポイントは、職務経験、結婚、仕事のスタイル

 

30代女性の転職を成功させる一つ目のポイントは、「新入社員には経験できない職務経験を持つこと」です。

 

次のポイントは、転職を成功させる大きなポイントです。

 

採用側が30代女性を採用するにあたって、一番気がかりなことが結婚です。

 

すでに結婚している場合は妊娠した場合のことを心配するはずです。

 

この二つの質問は採用面接の場で、会社側から聞くことはできません。

 

しかし、正直なところ聞きたい気持ちはあるはずです。

 

もしも、結婚後も退職する意思がないのならば、面接の場で自分から言っておくことをおすすめします。

 

企業側から聞きにくいことを事前に考え、こちらから話していくことで採用に対する懸念点を払拭していくことができるのです。

 

最後のポイントは、前の会社を引きずらないことです。

 

30代女性となると、自分なりの仕事の仕方が身についているものです。

 

しかし、新しい会社に入ったら、その会社でのやり方を最初はすべて受け入れるべきです。

 

そのことにより、受け入れる側の人間の気持ちも開放的になるのです。

 

前の会社で仕事をしてきたプライドもありますが、そのプライドは隠しておきます。

 

時間がたって、仕事が自分のものになったときに少しずつ自分の仕事のやり方に切り替えていけばいいのです。

 

採用面接のときから、自分のやり方を出そうとする雰囲気をだすと、新しい職場の人達は「使いづらい人間」という印象を受けてしまいます。

 

採用担当者も、会社にとって有益な人を採用したい気持ちもありますが、やはり一緒に働きたい人かどうかを重視しているはずです。

 

30代女性の転職は、いくつかのハードルもありますが、30代女性だからこそアピールできることもたくさんあるのです。

 

コメントを残す