年齢による転職活動について

0fccd32fe997aa5e0249e73033ba4496_s

 

年齢に応じて、転職活動の方向性は変えなければ成功はしません。

 

35歳転職限界説というフレーズがあった時代がありました。

 

近年では、35歳以上の人でも転職することが珍しくなくなっており、転職市場は変化しています。

 

しかし30代という年齢になれば、20代の頃と同じような転職活動はしていられません。

 

企業が出す求人数は、35歳以上はやはり少なくなります。会社内の異動で人材を埋めることができるためです。

 

自分の年齢が就職市場のどんな位置にあるかを自覚することが、転職活動の鍵を握ります。

 

20代のころは、自分のスキルや、やりたいと思っていることを履歴書に書きます。

 

これが30歳代になってからの転職活動では、これまでの実績や、会社にどんな面で役立てるかがポイントになるのです。

 

30代に入ってから転職活動を行う場合は、会社の未来について語れる人材であることが、大事な部分になってくるのです。

 

30代になってからの転職は、苦労もたくさんありますし、20代のころにはなかったリスクを背負う行為でもあります。

 

生活を安定させたいと仕事を変えたら、今までになかった変化にさらされるということもあります。

 

年齢のことも考えた上で、転職に踏み切るべきかどうかを検討するようにしましょう。

 

 

 

転職活動に行き詰った時の対処法

求人サイトを上手く活用して仕事を見つける方法

 

 

コメントを残す