みんないくら貰ってるの?どうしても気になる給料の平均手取り額

2498237

給料の平均手取りが気になる時は、思っていたよりも自分の受け取った金額が少ないときではありませんか。

 

自分の給料が多くないと自分と同じ世代の平均手取りにすごく関心を持ち、友達にさりげなく聞き出そうとする人もいるでしょう。

 

給料の平均手取りが自分と比べて少ない場合は納得いくこともあるでしょう。

 

ところが給料の平均手取りが自分に比べて多ければ、転職を考えたりする方もいることでしょう。

 

給料の平均手取りは誰もが気になるらしくて、私も友人に聞かれたことがあります。

 

しかし、聞かれたからといって自分の給料を教えるわけじゃなく、「みんなこれぐらいじゃないの?」と、大体の平均手取りを察しをつけて、アバウトに回答したことを覚えています。

 

 

給料の平均手取りを知りたい人たちが集まって、コミュニケーションを取る掲示板がネット上にはいくつも存在します。

 

私もその一つにアクセスしてみましたが、給料の平均手取りとは残業や職務内容の違いがあることから、どうにも決められるものじゃないと思いました。

 

残業が多い方は給料の手取りが良くなりますし、職務内容が肉体的に楽だと手取りは低くなるそうです。

 

また、首都圏と地方では給料の平均手取りは差が出てくるものです。そして、給料の平均手取りは年代でも異なるはずです。

 

給料から天引きされるものが多くなることによって、必然的に手取りが少なくなるのです。

 

私の主人の給料明細から判断してもいくつもの保険料や税金が引かれていますから、手取りはとても少なくなります。

 

総額の給料金額は高いとしても、年に100万円以上は保険や税金で天引きされてしまうのです。

 

また、我が家は公営住宅に住んでいて、住む人の給料に上限があって、規定以上の年収がある方と規定以下の年収の方は申し込むことができないのです。

 

そんな状況なので、数百世帯入居していますが、おおかたの家庭の給料が同じぐらいということだと考えられます。

 

しかし、給料が同じぐらいとはいえ、住んでいる人の年齢幅は広く、20代の方もいれば60代の方もいます。

 

給料についての情報は、インターネット上にいくつもまとめられています。

 

みんなの給料

 

そして給料の気になる平均手取りに関する情報も、ウェブ上には充実しています。

 

ですから給料の平均手取りが気になっているという方は、ネットを上手に利用してみるといいですよ。

コメントを残す