有名大学生でも就職活動が有利になるとは限らない

様々な大学がつくられていますが、数万人の学生が学ぶ大学もあり、大学進学率はかなりの高さです。

 

最近では、どんな人でも大学を出ているというイメージがあるほど、大学進学が一般的になっています。

 

最近は、大学を卒業したということが、就職活動に特段有利なことではなくなっています。

 

いい大学を出た人ほど、いい就職先を選べるという風潮が完全に撤廃されたわけではなく、ある程度は関わっています。

 

近年では、新卒採用に際して学歴だけで判断することはほとんどなく、いい大学を出たことは判断材料の一つにすきません。

 

会社サイドは、難しい大学にした人は、それに見合った頑張りをしており、経験も他の大学ではできないことをしているだろうと考えます。

 

いい大学を出た人ほど、学ぶ意欲があり、才能もあるという期待感はもたれています。

 

企業の中には、どの大学を出たかより、見込みのありそうな学生であることに重点を置いて採用を決めることがあります。

 

企業が気にすることは、採用後に会社に役立つ人になるかどうかであり、出身大学はその根拠に過ぎません。

 

どんな人を採用するかの基準として、会社の未来を託せる人かどうかというものがあります。

 

企業が学生に対して期待していることに、しっかり対応できるかどうかが、就職活動の成否を分けるでしょう。

 

自分が持っているポテンシャルを高めるためには何が役立つか、大学生のうちに色々と試しておきたいものです。

 

コメントを残す