大学生が就職活動する際の情報収集はネットだけに頼ってはいけない

現代の情報収集はネットによるものが大半であり、大学生の就職活動でも同じことが言えます。

 

しかし、インターネットだけで就職活動に必要な情報の全てを得ようとすると、うまく就職活動ができない場合が少なくありません。

 

ネットは誰が閲覧するかわかりませんので、大抵は当たり障りのない情報しか書いていない企業が多いといいます。

 

最初の情報提供で希望者を絞り込みたくない企業ほどその傾向があります。

 

情報が特定の内容に偏ってしまったり、情報が専門的になりすぎると、応募者が集まりづらくなることがあります。

 

まずは広く応募者を募り、できるだけ多くの人に応募してもらって、その上で採用者を選びたいというのが企業の本音です。

 

就職活動時に利用する求人情報サイトは、偽りの情報とまでは言いませんが、決して鵜呑みにしないようにしましょう。

 

就職活動を経験した大学生の中には、入社してから初めて企業の実情に触れて、早くも退職を考えるようになることもあります。

 

最近はインターンシップの制度が充実していますので、就職活動をする時に挑戦してみるのもいいでしょう。

 

せっかくの休みに、せっせと働かなければいけないことは避けたいという人もいますが、仕事を通じて得られるものもあり、いい経験になります。

 

自分が就きたいと思っている仕事に多く触れて、多くの経験を得ることが将来に繋がっていきます。

 

ネットの求人情報だけではわからない経験をすることで、就職活動の方向性を見定め、確信を持って未来を掴みに行けるでしょう。

 

コメントを残す