NPO法人へのエコ就職

protect-450594_640

 

近年、エコ分野への就職に関心を持つ人が増加しています。

 

エコロジーを扱う大学の講座も多くなっています。

 

エコに関わる仕事につきたい人が増えていることは、自然環境を守ることの必要性が認識されてきている証左といえます。

 

様々な仕事のしかたが、エコに関してはあるようですが、その中でエコに関する就職を決めるには、複数のやり方があります。

 

就職先を、エコ関係の仕事に携わっているような民間の企業にするというものです。

 

また、公務員に就職することで、官公庁の環境維持の仕事をするという方法もあることでしょう。

 

エコに関する取り組みをしているNPO法人や、財団法人に就職してもエコな仕事ができます。

 

福祉や災害協力、国際問題などに取り組む民間のNPO団体は、個々に独自の活動を行っています。

 

環境問題や社会問題など、扱う問題は様々ですが、問題解決に向けての取り組みを行う組織です。

 

 

エコ関連の仕事ができるところに就職したいという人には、環境関係のNPOはとても合っているところといえますが、利益の少ない活動をしていて、資金が足りないようなNPOはたくさんあります。

 

給与待遇は期待できないというNPOもたくさんあります。

 

待遇は二の次、三の次で、まず何よりもエコに関わる仕事がしたいんだという人は、NPOは働きやすい場所かもしれません。

 

NPOで働く人の中には、基礎的な知識や、必要な技術を身につけた上で、何年か後にはエコに関わる会社に再就職して自分の能力を活かしたい人もいます。

 

今すぐエコに関する仕事を始めるのではなく、最初は違う分野で働いて社会人としてのスキルをつけ、それからエコ関係で働くという人もいます。

 

コメントを残す