求人募集をしている広告の見方とは

bsPAK86_kusaikonohito20131223

 

求人の募集は、インターネットを使ったものや、求人広告を見ることになりますが、どんな点に注目したら良いのでしょうか。

 

求人募集に載せられている主な項目は、職種、勤務地、待遇、休日休暇、所在地などです。

 

もしも、求人情報の内容に不明点があれば、連絡先に電話などをして、詳しい話を聞いてみるといいかもしれません。

 

職種はわかりやすい名前を使うことになっていますが、その会社ならではの呼称や用語が用いられていることも少なくありません。

 

会社の雰囲気づくりのために、カタカナ名称にしている企業もありますので、いざ働いてみたら事前の予想と異なっていたということもあります。

 

 

給料の表示が月額だったとしても、応募している求人の内容は、契約社員だったということもあるようです。

 

求人広告に掲載されている内容と、実態が異なることもあるので注意しましょう。

 

求人広告の表記には、誤解を招きやすいものもあります。

 

年俸や、日給で、給料の金額が書かれていることがあります。

 

週休二日制と完全週休二日制は、字面は似ていますが、その内容は大きく違っています。

 

社会保険ありと、社会保険完備も、何を指し示しているかが、随分と違っています。

 

一言一句見落とさないようにして求人を確認した上で、募集に応えるかを決めることが大事です。

 

コメントを残す