転職サービスはあくまでも民間企業です

SONY DSC
SONY DSC

 

転職サービスは就職で困った人や、自分では厳しいと思う様な企業等に就職する際に力になってくれるとても頼り甲斐のある存在です。

 

転職をするには様々な用意が必要です。

 

履歴書や職務経歴書、それに企業研究等これらを自分1人でやるのは結構大変なのは転職をした事がある人ならば知っていると思います。

 

転職サービスを利用するメリットというのはそれらを確認して頂けるという所です。

 

履歴書や職務経歴書の書き方は勿論添削して頂けるので、自分では自己PRや志望動機等を書くのが苦手という方からしたら、転職サービスの人はどう書いたら好印象かを知っていますし、履歴書自体も最初に転職サービスを利用しにいく時に提出する履歴書を先方にもう出しておいてくれるというパターンもあるので、その場合は志望動機を記入しないでも大丈夫なのである意味楽ですね。

 

そして気になる内定を取れるかどうかという所なのですが、タイトルでも書きました通り転職サービスの会社も商売なので正直内定を取らせて入社させないと商売にならないのです。

 

その為何としてでも内定を取らせる様に企業側にもあの手この手で色々と話してくれます。

 

人材レベルに対して見せる求人も違うので、内定を取れない求人は見せてこないので内定率は自然に高くなります。

 

 

そしてメリットがもう1つあります。それが条件提示の交渉です。

 

通常だと内定を頂いてから企業と給料面等の交渉になると思いますが、実際問題企業と個人では中々対等な立場とはなりません。

 

しかも入社するとなればもう身内の人間ですので、どうしても上下関係が出来上がってしまっているので給料をもっと上げて欲しいという交渉は現実かなり難しいですね。

 

ですが給料が全てではありませんが、生活をしていく上ではどうしても大事な問題でもあります。

 

給料だけではありません。勤務地や賞与の有り無し、通勤手段、交通費の有り無し、社会保険完備かどうか等数え切れない位大事なものは沢山ありますが、それらを好き勝手に交渉していたら入社後に自分が気まずくなってしまいますよね。

 

そこで転職サービスです。上記の条件は本来なら自分達では聞きにくい所ですよね。

 

それを交渉してくれるのがとてもありがたい所なのです。

 

逆にデメリットの部分のお話をしたいと思います。

2271068

 

それは求人数は自分で転職先を探すよりも少ないという点です。

 

転職サービスは人材を企業に入れる事で企業側から料金を頂いております。

 

ですがそれは逆に企業からしたら人を入社させて、その人の給料も払うのに転職サービスの会社にもお金を払わないといけないのです。

 

なので単純にいいますと、お金のある企業しか利用できないという現実があるのです。

 

考え方によっては、転職サービスにお金を払う余裕がある企業しか無いと思うかもしれませんが、世の中には転職サービスを利用していない優良企業は沢山あります。

 

なのでそういう意味では可能性が少なくなってしまうという事があると思います。

 

その他のデメリットとしては、タイトル通り転職サービスは民間企業なので目的は利益を出す事です。

 

なのでその為には転職希望者の希望通りの求人を紹介されない事があるのです。

 

極論をいってしまえば転職希望者を就職させれば売上が上がる訳です。

 

なので売上しか考えていない転職サービスに当たってしまった場合はかなり注意が必要だといえます。

 

中には付き合いの関係上定期的に人材を回さなくてはいけないという企業側の都合も存在します。

 

なので転職希望者が初心者に近ければ近い程、良い言葉で言いくるめられてしまう可能性があるといえます。

 

転職サービスを利用するには、全てを相手任せにしないで自分が何をしたいのか、どういう事を譲れないのかをちゃんと把握しておくのが自分を守る術だといえます。

 

コメントを残す