転職サービスを受けるメリットとデメリットとは?

 

転職サービスをご存じですか?

 

転職サービスを知らない方の中には求人サイトと同じサービスと思っていらっしゃる方も多いようです。

 

転職サービスは求人サイトなどのサービスとは違い、転職を専門として扱うサービスです。

 

転職の場合は新規採用と違って企業のニーズに合った人材として紹介してもらうことが重要です。

 

簡単に言うとこれまで培った資格や経験を活かすことができるかどうかが重要ということです。

 

転職サービスではこういった点を重視しながら専任のキャリアアドバイザーによって転職に関する活動全般を支援してもらうことができるサービスとなっています。

 

 

転職サービスを利用することのメリットはいくつかあります。

5743541

 

まずは自分で応募先を探す手間が削減できるという点です。

 

プロの転職アドバイザーさんは企業のニーズをしっかりと把握していますので応募企業に合っているかどうかが効率よく判断してくれます。

 

そしてもう一つは面接の日程などを代行して調整してくれるのも嬉しいメリットです。

 

年収や入社日の調整も代行して行ってくれますので事務的な手続き全般を代行してサポートしてもらえるというメリットがあります。

 

様々なサポートを行ってくれる転職サービス業者を利用することによるメリットはまだまだあります。

 

面接の日程などを調整してくれるだけでなく、プロならではの面接対策までアドバイスしてもらうことができます。

 

転職が初めてという方にとってこれほどありがたいサービスはないでしょう。

 

多くの転職サービスではこういったサービスが無料で利用することができるのです。

 

さらに第三者に客観的に自分を見てもらえることもメリットになります。

 

1人ではなかなか客観視できませんので自分の得意分野も実はあまりわかっていないことも多いのですが、転職アドバイザーさんと話をすることで自分のキャリアを整理することができますので転職時に自分の強みがどこにあるのかをしっかりと掌握することができますので面接にも自信を持って臨むことができます。

 

自分の良さはなかなか自分ではわからないものです。そんな時にも転職サービスを利用すれば冷静に分析できるわけです。

 

もし、転職を考えている方の中でなんとなくしか転職先が考えられないような方でも将来に向けてのアドバイスを受けることもできます。

 

選択肢としては転職時期や転職先以外にも転職をしないという選択肢もあるわけです。

 

現在の会社でもう少し頑張ったほうがいいかどうかも含めてアドバイスを受けるのも早まった結果にならずに済みます。

 

転職サービスを利用する手順としては登録、カウンセリング、情報提供、企業への推薦、面接、そして内定から入社といった一連の流れになりますが、入社後のサポートを行ってくれる転職サービスもあります。

 

いずれにしてもまずは自分を登録することになります。

 

その際キャリアが浅いと登録がNGとなることもありますので気を付けましょう。

 

キャリアが浅いような場合は転職サービスを利用するよりも自分で求人情報を見つけて活動したほうが良いこともあります。

 

あくまでも転職はこれまでの知識を活かせる会社を見つけたいといった場合に利用しましょう。

 

転職サービスを利用する側としてのデメリットとしては特にはないのですが、転職者を探す企業側にとっては転職サービスに紹介料を支払う必要が出てきますのでそれは企業側にとってはデメリットとなります。

 

ですが紹介料を払っても自社に利益をもたらしてくれる人材を雇うことができればそれはそのまま企業側にもメリットとなります。

 

紹介される側としては転職後にはしっかりと結果を残すことがなによりも重要というわけです。

 

しかしこれは転職サービスを利用しようが自分で探そうが、または求人サイトで新規に入社しようが全て同じことです。

 

入った以上は結果を残すために仕事をするわけですからデメリットとも言えないでしょう。

 

コメントを残す