デザイン関係の仕事での失敗と辞めたい瞬間

私は過去にパソコン関係の仕事で色々な会社で取引をしました。

 

その時は様々な会社の中であまり良い経験ができなかったと思います。

 

また場合によっては会社を辞めることも考えて大変でした。

 

パソコン関係の会社を辞めたくなった時の実体験

私は大学時代にパソコン関係のスキルを高めていました。

 

その影響でそういう会社で仕事をするようになってお金を得ました。

 

しかしパソコン関係の会社はノルマがあって大変だと感じたのです。

 

例えば私はデザインやデータ入力などを仕事としてやることが多かったです。

 

それは大変な仕事で何度も辞めたくなりました。

 

更にノルマが達成できないと周囲から怒られるのです。

 

私は上司に怒られたことで会社を辞めたいと感じました。

 

また同じ人間に何度も怒られたので若い自分には耐えられなかったです。

 

そして私が仕事で失敗したことが周囲の話題になったので辛かったです。

 

私はこの時に本気で会社を辞める準備をしました。

 

例えば辞めた時のお金についても計算していたと思います。

 

しかし問題だったのは会社を辞めた時の再就職でした。

 

私は若い時にパソコン関係の会社に行けたので、その他を探すことが大変だと思っていたのです。

 

結局はそのまま辞めたい気持ちを持って仕事をしました。

 

それは辛い仕事でやはりノルマ達成に苦しみました。

 

そして上司とも良い関係を築けなかったので余計に駄目でした。

 

特に会社を辞めたくなったあるエピソード

私がパソコン関係の会社で辞めたいと感じた時のエピソードがあります。

 

それはデザインをしている時の話だったと思います。

 

私はパソコンで別の会社のロゴデザインやホームページデザインを担当していました。

 

そのデザインには時間を掛けたので大変な作業でした。

 

またデザインを担当したのは自分のみで時間も長く使っていました。

 

ある時に私のデザインが会社で必要ないという結論が出されました。

 

私はそのことにショックでこれまで以上に会社を辞めたいと感じました。

 

偶然にもその事実を言われたのが上司からで気に触りました。

 

実際には小さなことでしたが私は上司と喧嘩をして険悪なムードになりました。

 

原因はデザインのことだったので酷い状態だったと思います。

 

私が作ったデザインが会社で不必要になった時、何故かいつもの上司の態度が気に入らなかったのです。

 

私はその喧嘩で周囲にも迷惑を掛けて会社での立場が悪くなりました。

 

自分は常に会社を辞めたいと内側では思っていましたが、このエピソード時が最も気持ちが強かったと思います。

 

結局はその後も会社を辞めることなく暫くはお金のために作業しました。

 

コメントを残す